宮崎大学

  • 377人が検討中

[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2019年8月時点)

工学部

宮崎

工学部

募集人数:370

初年度納入金:81.78 万円(文部科学省令で定める2019年度の「標準額」。詳細はお問い合わせください。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

宮崎大学 工学部の特長

工学部

「宮崎に根ざし世界に目を向けた工学部」を目標に、ますます進展する高度な科学技術に挑戦し、創造することができる人材を育成する。
 また、国際的にも評価される質の高い学術研究活動、産業の振興や地域社会への知的貢献などに必要な知識・技術の修得を目指す。
 環境応用化学科では、生命科学、情報技術、新素材開発などを支える化学、化学工学、生物科学の基礎・基本を修得する。化学物質の開発や生産、利用のための応用知識を、自然界や生体への影響、省エネルギー、資源の循環再利用など環境調和の考え方を重視して学ぶ。
 社会環境システム工学科では、自然科学、社会科学に加えて情報科学の素養を併せ持ち、総合的な観点から「地球にやさしくうるおいのある社会・環境」を計画・建設・管理できるシビルエンジニアを育成する。主に土木系を学ぶ履修モデルと、主に環境や計画学を学ぶ履修モデルを用意する。
 環境ロボティクス学科では、自然環境や人々の生活環境の改善に役立つ、ロボットや制御機器の設計・開発に必要な知識の修得を目指し、機械・電気電子・化学・コンピュータについて、実験・演習を多く取り入れたカリキュラムで横断的に学ぶ。
 機械設計システム工学科では、製図・設計、実験、実習に加え、機械工学の諸分野(材料力学・機械力学・熱力学・流体力学・機械材料学・機構学・計測工学など)、応用を対象とした領域を学ぶことで、「ものづくり」のために必要な知識と技術の修得を目指す。
 電子物理工学科では、数学、物理学、電子物性工学、物理計測工学の基本原理と基礎知識の修得を目指す教育を行う。エネルギー関連技術や新素材の開発を支える、応用能力と創造性豊かな人材を育成する。
 電気システム工学科では、安全で安心な低炭素・高度情報化社会を実現するための工学全般にわたる基礎を学ぶ。電気エネルギー、通信、電子回路、制御、計算機プログラミングに関する知識と技術を修得するため、講義・実験・演習を体系的に行う。
 情報システム工学科では、急速に発展する情報処理技術に対応するため、情報工学の基礎と応用分野についての専門知識を修得する。情報システムの開発に必要な設計・実装・評価の実践力を、講義と演習をバランスよく配置した体系的なカリキュラムによって身につける。

宮崎大学 工学部の入試情報

入試一覧

宮崎大学 工学部の問合せ先

宮崎大学 工学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒889-2192  宮崎市学園木花台西1丁目1
TEL (0985)58-7138 (入試課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。