理工学部

群馬

世界の未来を担う技術者・研究者を目指しませんか

募集人数:510

初年度納入金:81.78 万円(総合理工学科は40万8900円(その他経費:8万9560円、総合理工学科は8万7660円))

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

群馬大学 理工学部の特長

理学と工学が融合した教育プログラムを実施

●化学・生物化学科
化学と生物の融合を目指した幅広い先端教育を行っています。また、約30の研究室が、生活を豊かにする新物質・新材料の創製と開発、医学・薬学への応用を目指した生体メカニズムの解明などを目標に多彩な研究を行っており、多くの領域の中から、皆さんの興味にもっとも合致した研究を行うことができます。
●機械知能システム理工学科
私たちの身のまわりには、自動車や冷蔵庫、洗濯機など、たくさんの機械があります。これらの機械には様々な制御技術や情報通信技術が組み込まれていて、私たちの生活を支援してくれます。たとえば、自動車には、エンジンを高効率で運転するための様々な制御技術や、周囲の状況を常に見守り、事故を未然に回避するような技術が導入されています。そのような高度な知能機械の開発に対応するため、機械知能システム理工学科は、理学をベースとした機械工学に加えて、機械の知能化のための電子工学や情報工学、人間工学などの機械と知能の融合技術を学ぶことができ、さらにこれらを基に新技術の開発に携わることのできる技術者や研究者を育成することを目的としています。
●環境創生理工学科
環境調和型の革新的工業プロセスや新エネルギー・新材料の開発等の生産要素技術と、自然災害からの脅威を克服し、環境への負荷が小さい安全・安心な地域づくりや社会基盤整備をデザインする社会技術とを、総合的に習得できる教育研究体制を設けており、資源や環境に配慮した生産要素技術の開発と、それを支える社会システムの構築を行う広い視野を持つ技術者および研究者を育成することを目的としています。2年次より環境エネルギーコースと社会基盤・防災コースに分かれます。
●電子情報理工学科
エレクトロニクスと情報科学に関する最先端の知識や技術を身に付け、それを自分の強みとして従来にない全く新しい技術や知識を生み出せる優秀研究者や技術者を育成することを目的としています。2年次より電気電子コースと情報科学コースに分かれます。
●総合理工学科
フレックス制の自由度を生かして、他の4学科それぞれではカバーできない分野横断的な専門性を持つスペシャリストを育成します。総合理工学科では自分の目的に沿ってカリキュラムを柔軟に設計できますが、その相談に乗るため、1年次からメンター(学習に関して相談できる教員)がつき、学習の進め方や進路などについて、マンツーマンで指導します。

社会人としての一般教養、研究者・技術者として必要な専門知識を習得できます

●教養教育(主に1年次)
社会で活躍していくために必要な教養を身につけるための科目を履修します。習熟度別クラスによる英語の学習や、職業人になるための意識・能力を育成し学生が自らの将来像を描くことを支援する科目も準備されています。
●理学系教育(1~3年次)
理工学部の根幹をなす理学的知識および自然科学の基礎を習得します。学科によらず理学を共通の言葉として、異なる学問分野・科学技術を理解するための基礎を学ぶ「理学系基盤教育科目」と、そこから少し専門的になり学科の垣根を越えて理学の方法論を学ぶ「理学系展開科目」を履修します。
・専門教育(2年次以降)
学科ごとに固有の専門分野に関する講義・実験・演習を履修します。また、実社会での適応能力を高めるために、インターンシップ等の科目を履修することができます。
●卒業研究(4年次)
一人ひとりがいずれかの研究室に配属され、その研究室の専門とする分野について深く学び、卒業研究の課題に自ら取り組むことで学部段階での勉学のまとめを行います。また一人前の研究者・技術者として社会で働くために必須である「自分で調べ、自分で考え、自分で計画を立て、自分で実行する」という能力を獲得するためのトレーニングを行います。

皆さんの学びをサポートします!

●就職支援
理工学部の就職率は毎年ほぼ100%!その秘密のひとつは手厚いキャリアサポートです。学生支援係やキャリアカウンセラーの配置、同窓会組織主催による企業合同説明会の実施等により、学生の就職活動をサポートしています。また全学科でインターンシップを単位化しており、職業人としての意識を向上させるとともに、学生個人のスキルアップ、さらには企業との連携を図っています。
●留学支援
理工学部ではグローバル社会において活躍できる人材を育成するため、協定校への交換留学、海外派遣プログラムなどを通じて、皆さんの海外留学をサポートしています。また、理工学部独自の「学生海外派遣支援事業奨励金」制度を創設し、経済的な支援を行うことにより、世界に羽ばたく皆さんを応援します。
●医理工グローバルフロンティアリーダー(GFL)育成コース
群馬大学では「自国および他国の文化・歴史・伝統を理解し、外国語によるコミュニケーション能力を持ち、国内外において主体的に活動できる人」であるグローバルフロンティアリーダーの育成に力を入れています。特に理工学部では、国内外の企業・研究機関の研究開発・研究職において、独創的リーダーとして研究を展開し、活躍できる人材の育成を目的に、医学部と連携して、平成25年度より医理工GFLを実施しています。理工学部からは16名程度を選抜し、外国人研究者等との交流の機会を作るなど国際コミュニケーション能力を育成するとともに、早期大学院進学に向けて早くから先端研究に接する機会を用意しています。

群馬大学 理工学部の入試情報

入試一覧

群馬大学 理工学部の問合せ先

群馬大学 理工学部に関するお問い合わせはこちらへ

群馬大学学務部学生受入課
〒371-8510 群馬県前橋市荒牧町4-2
TEL:027-220-7150
E-mail:g-admission@jimu.gunma-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。