[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2019年8月時点)

工学部

鹿児島

工学部

募集人数:440

初年度納入金:81.78 万円(文部科学省令で定める2019年度の「標準額」。詳細はお問い合わせください。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
先進工学科 385
建築学科 55

鹿児島大学 工学部の特長

工学部

◇改組計画中の学部 工学部ー機械工学科94、電気電子工学科78、海洋土木工学科48、環境科学プロセス工学科35、化学生命工学科50、情報生体システム工学科80、建築学科55 → 工学部ー先進工学科385(機械工学プログラム94、電気電子工学プログラム78、海洋土木工学プログラム48、化学工学プログラム35、化学生命工学プログラム50、情報・生体工学プログラム80)、建築学科55(建築学プログラム) ※改組後の各プログラム定員は目安。
 機械工学科では、環境を考慮した機械の研究開発に必要な知識および世界に通用するエンジニアになるための基礎を学ぶ。具体的には、各種素材の物性と変形特性、機器・構造物の強度、各種機器の機構と設計、熱・流体が関与する諸現象、各種エネルギー利用技術、各種工学現象の解析などを通し、機械工学の理論と応用を学ぶ。
 電気電子工学科では、超伝導材料など新素材の物性・デバイス、電気エネルギー工学、パワーエレクトロニクス、制御工学、コンピュータ、通信システム、電子回路技術などの諸分野を配置し、実社会の要請に即したカリキュラムを組んでいる。
 建築学科では、建築単体および都市の物理的安全性について取り扱う「建築構造構成学」と、住居から地球規模まで居住環境の快適性や機能性などを取り扱う「居住環境構成学」の両分野を通し、建築に関する総合知識を学ぶ。
 環境化学プロセス工学科では、持続可能な社会構築のため、環境と調和した化学プロセス、エネルギー利用システム、新規材料などのデザインができるエンジニアや研究者の養成を目指す。環境調和型化学プロセスの開発、エネルギー有効利用技術の構築、高機能材料の創製などを学ぶ。
 海洋土木工学科では、海洋の環境保全、開発・防災などに対応できる技術者の育成を目指す。土木工学の基礎となる構造、水理、土質、土木材料などに関する科目、演習・実験など土木技術者として必要な科目を学ぶ。
 情報生体システム工学科では、ソフトウェア工学、情報システム工学、脳認知工学、生体計測工学に関連する知識を総合的に理解する。また、これらの知識を生かして創造力を発揮し、将来のグローバル社会の発展に寄与する先端技術の研究開発に対応できる人材の育成を目指す。
 化学生命工学科では、物理化学や有機化学などの一般化学と、生命現象にかかわる化学を基礎として学び、化学・生命工学・環境工学などの研究開発や技術開発を担う人材を育成する。応用化学・環境工学の分野を学ぶ物質環境化学コース、生命化学・製薬工学を学ぶ生体化学コースの2コースがある。

鹿児島大学 工学部の入試情報

入試一覧

鹿児島大学 工学部の問合せ先

鹿児島大学 工学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒890-8580  鹿児島市郡元1丁目21の24
TEL (099)285-7355 (学生部入試課入試係直通)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。