東京大学

  • 7,086人が検討中

[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2019年8月時点)

工学部

東京

工学部

募集人数:938

初年度納入金:81.78 万円(文部科学省令で定める2019年度の「標準額」。詳細はお問い合わせください。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東京大学 工学部の特長

工学部

 社会基盤学科では、人間・自然環境を再生・創造する、多彩で個性豊かな人材を育成する。設計・技術戦略、政策・計画、国際プロジェクトの3コースを設置している。
 建築学科では、古建築、超高層建築、住宅生産、都市の建築や再開発など、幅広い建築学の知識・技術を身につけ、創造力を発揮して、建築・都市の設計を行うことのできる人材を育成する。
 都市工学科では、地球環境から人々の豊かな暮らしまでを対象に、都市の未来について多様な視点から考察する。都市計画、都市環境工学の2コースを設置している。
 機械工学科では、新しい機械や機械システムの創造を通じて、安全・安心で豊かな持続型社会の実現に貢献する力を身につける。材料力学、熱力学、流体力学、機械力学の4力学を中心とした分析の基礎と、設計や生産などの統合の応用を結びつけた教育を展開。
 機械情報工学科では、ロボット、知能システム、脳型情報処理、バーチャル・リアルティ、ナノマシンなどを研究対象とし、機械とコンピュータの融合という新しい分野を追究する。
 航空宇宙工学科では、流体、構造・材料、飛行・制御などのさまざまな工学分野のバランスの取れた統合を目指し、システム統合化能力の育成を柱とするカリキュラムを編成。航空宇宙システム、航空宇宙推進の2コースを設置している。
 精密工学科では、精密工学の基礎であるメカトロニクス・設計情報・生産に関する実践的な知識に加え、人・人工物・環境のよりよい未来を創造するために必要な先端領域の教育を行う。
 電子情報工学科では、情報・ネットワーク・メディアなどの情報化社会を支える根底となる技術を学び、それらの技術の新しい可能性を模索し、切り拓くことのできる人材の育成を目指す。
 電気電子工学科では、電磁気学・量子物理学を基礎に工学的分野を学ぶほか、物理学的側面と情報学的側面の両方を融合した新しい領域の創成にも力を注いでいる。
 物理工学科では、物性理論、固体物理、半導体物理、レーザ、非線形光学など、物性物理全般の基礎をはじめ、物理学の最先端を学び、新しい学問と産業を切り拓いていける人材を育成。
 計数工学科では、電気・機械・材料といった個別分野に依存しない普遍的な概念や原理の提案、系統的な方法論の構築を目指す。数理情報工学、システム情報工学の2コースを設置。
 マテリアル工学科では、各種マテリアルの合成、構造と機能についての基礎、および目的の機能に応じたマテリアル設計の基礎を学ぶ。バイオマテリアル、環境・基盤マテリアル、ナノ・機能マテリアルの3コースを設置。
 応用化学科では、超伝導材料学、分光分析化学、触媒基礎工学、有機機能化学、無機材料化学、理論化学、表面物性、高分子材料工学、有機エレクトロニクス科学などの分野を学ぶ。
 化学システム工学科で学ぶ分野は、「環境」「エネルギー」「医療」「材料・デバイス」「産業応用」「安全・安心」など多岐にわたる。
 化学生命工学科では、生命現象を分子レベルで解明することを基盤とした生命分子・生命システムの創造と応用のほか、高効率・高選択的な新しい有機合成・高分子合成の方法論を学び、超分子・超材料の創造を目指す。
 システム創成学科では、環境、エネルギー、食料、人口など、21世紀の人類が直面する大問題を解決できる人材の育成を目指す。環境・エネルギーシステム、システムデザイン&マネジメント、知能社会システムの3コースを設置している。

東京大学 工学部の入試情報

入試一覧

東京大学 工学部の問合せ先

東京大学 工学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒113-8654  東京都文京区本郷7丁目3の1
TEL (03)5841-1222 (入試事務室直通)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。