[学校トップ]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2019年8月時点)

文化学部

高知

文化や社会を思索と実践を通じて多角的に探求し、世界を見る目を養う。

初年度納入金:76.75~90.85 万円(入学料・保険料 県外28万6660円 県内14万5660円、授業料53万5800円、諸経費8万6000円※夜間主要問合せ)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
文化学科 150

高知県立大学 文化学部の特長

昼夜開講制、3系10領域で、人文・社会系の科目を幅広く設置

文学および言語の領域に加え、地域、観光、法学に関連する領域を幅広く学べます。昼間での履修を主とする「言語文化系」と「地域文化創造系」、夜間での履修を主とする「文化総合系」の3系10領域から幅広い知識の習得をめざします。
昼間の学生は学年が進行するにしたがって、言語文化系または地域文化創造系を選択し、主として履修する領域(主領域)を決めます。同時に、主領域と深く関連する領域(周辺領域)の履修も進め、幅広い知識の習得をめざしていきます。
夜間での履修を主とする学生は入学時から文化総合系を選択し、言語文化系と地域文化創造系の教育内容から中心的な科目を学んでいきます。一定の単位数を限度として、昼間2系と夜間1系の双方向の単位修得も可能です。

幅広い知識をバランスよく学び、専門性を高めるカリキュラム

1年次と2年次では、全学共通の共通教養教育科目および文化学部共通科目を中心に学んでいきます。文化学部共通科目は、以下の科目から構成されます。

・リテラシー科目 大学で学びを深めるために必要な基礎的リテラシーを身に付ける科目
・エッセンシャル科目 文化を総合的に理解するための基礎となる科目
・キャリア形成科目 就職やキャリア形成のための科目

3年次からは、専門的な勉強を深化させていきます。文化学課題研究ゼミナールを通じて卒業研究作成の準備を進めます。

言語文化系 英語学領域・国際文化領域

英語学領域では、英語学・言語学の理論の学修と実践的なトレーニングを通じて、高度な英語運用能力を養成します。国際文化領域では、異文化の学修や国際的な視点からの日本文化の再検討、国際関係分析を通じてグローバルな思考力と実践力を養成します。

言語文化系 日本語学領域・日本文学領域

日本語学・日本文学および中国文学の学修を通じて、グローバル化社会の中で自らの立脚点をはっきりと自覚し、自己の存在をより確かなものにできるような感性や能力を養っていきます。

地域文化創造系 地域文化領域・地域づくり領域

地域の課題を様々な角度からとらえ、その解決策を考えます。フィールドワークだけでなく、文献調査、統計調査、地学・地理学的調査など、社会科学・自然科学の双方を含む学際的視点から地域を分析していきます。

地域文化創造系 観光文化領域・観光まちづくり領域

観光という観点を手掛かりに文化現象を理解し、現代社会の諸問題を考察する人文・社会科学の研究方法を学びます。企業活動、景観・環境アメニティ、文化財、異文化理解、倫理学をめぐる問題について考える視点や手法を身に付けます。

地域文化創造系 現代法文化領域・生活法文化領域

現代社会の諸問題、市民生活の諸問題を法と文化の観点から探求することを通じて、文化の形成・維持・発展に寄与できる能力をもつ人材を養成します。

文化総合系

夜間主コースの学生が履修します。昼間での履修を主とする言語文化系と地域文化創造系の2系10領域の教育内容から、そのエッセンスを総合的に学ぶ教育プログラムを提供します。現代社会の課題に向き合い、解決にむけて取り組む構想力と実践力を育て、生涯にわたり学び続ける力を養います。

取得可能な資格

・中学校教諭一種免許状(国語)<国>
・高等学校教諭一種免許状(国語)<国>
・中学校教諭一種免許状(英語)<国>
・高等学校教諭一種免許状(英語)<国>
※文化総合系(夜間)を除く

高知県立大学 文化学部の入試情報

入試一覧

高知県立大学 文化学部の問合せ先

高知県立大学 文化学部に関するお問い合わせはこちらへ

池キャンパス 学生支援部 入試課 
〒781-8515 高知県高知市池2751番地1
TEL:088-847-8789

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。