亜細亜大学

  • 729人が検討中

国際関係学部

東京

語学力だけでなく、国際政治・経済、異文化を理解し、国境を越えて活躍できる人材になる

募集人数:280

学科・コース名 募集人数
国際関係学科 140
多文化コミュニケーション学科 140

亜細亜大学 国際関係学部の特長

国際関係学科

●経済・ビジネスコース/新興国の台頭、世界同時不況、資源争奪戦等の情勢のなかで幅広い視野と的確な判断力を身につけ、国際企業人や国際公務員等、世界で活躍できる人材になるために必要な知識を養います。
●平和政策コース/紛争解決や平和構築の問題を政治と法の側面から学ぶことで、海外で活躍するために必要な広い視野と深い洞察力をもった人材を育成します。
●国際協力コース/開発途上国の経済発展や貧困、格差、感染症等、開発問題と開発援助について、さまざまな角度から学ぶコースです。問題解決に必要な知識と、知識を現場で活用するための実践力を同時に養います。

多文化コミュニケーション学科

●多文化社会協力エリア/日本の多文化交流の現状に加え、多文化共生のあり方について学びます。「国際企業」や「宗教」等テーマは多彩です。
●観光多文化エリア/国境を越えた人の交流の中心的テーマである「観光」と「文化」の関わりについて、多角的に理解を深めます。
●多文化多言語エリア/アジア諸言語の能力を鍛えると同時に、言語の使われている地域の社会や文化的背景について学んでいきます。

Study Abroad!=留学+重層的英語教育(国際関係学科)

5ヶ月間のアメリカ留学(ホームステイもしくは大学寮滞在)を基本として、ほかの英語圏・アジア圏への留学や、1年間の長期留学、春・夏季休暇中の短期留学など、自分の関心と目的に合わせた多様な留学の選択が可能です。留学の前後には豊富な授業で英語力を鍛えます。

現地体験型学習(多文化コミュニケーション学科)

国内外での現地調査(フィールドワーク)を通して、自分の感性で多文化に触れ、課題を発見する力を鍛えます。調査後の発表でプレゼンテーション能力の修得にも注力します。

国際・多文化インターンシップ(両学科)

「海外で働いてみたい」「国内の外資系企業で働きたい」――そんな想いや興味があっても、実際に大学生のうちに「多文化な職場」を体験する機会は、それほど多くはありません。「国際インターンシップ」および「多文化インターンシップ」は、異文化の中で柔軟に行動する術を実践しつつ、職場体験を行う実習科目です。事前学習を経て、外国の企業(居住は企業宿舎、ホームステイ、ホテル)、または国内の対外部門でおよそ3週間の体験を行います。

取得できる資格

■教職課程 中学校教諭1種免許状(社会・英語)<国>、高等学校教諭1種免許状(公民・英語)<国>、司書教諭<国>
■図書館学課程 司書<国>
■社会教育主事課程 社会教育主事任用資格

亜細亜大学 国際関係学部の入試情報

亜細亜大学 国際関係学部の問合せ先

亜細亜大学 国際関係学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒180-8629 東京都武蔵野市境5-8
0422-36-3273

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。