愛知学院大学

  • 800人が検討中

総合政策学科

愛知

人間と社会に関わるあらゆる「問題」を総合的な視点から考える

募集人数 210
初年度納入金 136.9 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

愛知学院大学 総合政策学部 総合政策学科の特長

自分の関心や目的に合わせ、6つのクラスターから専門分野を選んで学ぶ

幅広く用意された学びの分野の中から、興味を持てる分野を選び、知識を掘り下げていきます。「国際」「政治・行政」「経済・環境」「社会・文化」「人間科学」「情報・メディア」の6つのクラスターから、専門分野を選んで学習。興味があれば他のクラスターからも科目を選ぶことができます

4年間かけて実社会の問題分析・解決能力を養う、リサーチ・プロジェクト

4年間を通して問題発見・問題解決能力を養うリサーチ・プロジェクト。1年次よりグループディスカッションなどを通じて実社会の問題を発見・分析し解決策の提案を図ります。3・4年次では、問題解決に必要な調査を自ら行い、調査から得た「自分だけのデータ」をもとに卒業論文を作成。段階的に実践的な問題解決能力を養います

大学の4年間で進路や人生を考える、キャリアデザインI・II・III

キャリアデザインは本学独自の取り組み。将来の人生を思い描きながら進路・就職を考える科目です。「キャリアデザインI・II」では、進路設計や働く心構え、社会人としてのマナーなどを学びます。「キャリアデザインIII」では、インターンシップやボランティアを実施し、よりよい社会人をめざすための学びを行います

一般企業から公務員まで、先輩たちの就職先は多彩

総合政策学科で身につけるのは、仕事や暮らしのなかでぶつかる「問題」を発見し、解決する能力。これは今、あらゆる分野で必要とされている能力です。それだけに本学科の将来の進路は多彩。卒業生は、製造業、通信業、商社、小売業、金融・保険業、不動産業、サービス業、公務員など、多彩な分野で活躍しています

先輩からひと言!「仲間と多様な意見を出し合い、新たな意見を発見!刺激的な学びがいっぱい」

この学科を選んだのは、幅広い分野を学べるから。社会で生かせる多くの知識が身につくだけでなく将来の選択肢が広がるのも魅力でした。この学科にはグループワークの機会が多く、意見を伝え合う中で議論が深まり新たな意見が生まれる楽しさを実感。知的好奇心が刺激され、充実した学生生活を送っています。(4年T.K.)

学生と地域の人々がつくりあげる「みんなの運動会」

「健常者も障がい者も一緒に楽しめる運動会をつくろう」。地域の人々の思いから生まれたのが「みんなの運動会」。この運動会の運営スタッフとして、本学部を中心とした学生たちが関わっています。なかには参加をきっかけに社会福祉士として活躍している卒業生も。この経験を通じ、多くの学生は大きな成長を遂げています

愛知学院大学 総合政策学部 総合政策学科の入試情報

愛知学院大学 総合政策学部 総合政策学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:日本通運、東海旅客鉄道、名古屋鉄道、USEN、セキスイハイム中部、リゾートトラスト、名古屋市役所

愛知学院大学 総合政策学部 総合政策学科の問合せ先

愛知学院大学 総合政策学部 総合政策学科お問い合わせはこちらへ

〒470-0195 愛知県日進市岩崎町阿良池12
TEL 0561-73-1111
nyushi@dpc.agu.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。