愛知淑徳大学

  • 742人が検討中

交流文化学科

愛知

国籍や文化を超え、さまざまな価値観を認め合う。多文化の共生に貢献できる人材を育成

募集人数 280
初年度納入金 133.5 万円(※後援会入会金および会費は委託徴収。そのほか実習費を別途徴収の場合があり。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

愛知淑徳大学 交流文化学部 交流文化学科 のコース

学科・コース名 募集人数
ランゲージ専攻 120
国際交流・観光専攻 160

愛知淑徳大学 交流文化学部 交流文化学科の特長

言語のスキルアップと文化を学ぶ「ランゲージ専攻」

英語、中国語、韓国・朝鮮語のスキルアップと文化を学ぶ専攻プログラムのほか、日本語教師の養成にも対応した「日本語教育」を加えた4専攻プログラムで構成。異文化への理解を深めると共に実践的な言語活用能力を養います。

異文化交流、観光やホスピタリティを学ぶ「国際交流・観光専攻」

2年次から2つのコースに分かれます。「国際交流コース」は、異文化交流に関する考え方をベースに、地域・国際社会について学ぶ2つの専攻プログラムで構成。「観光コース」は、「観光マネジメント」「観光ホスピタリティ」「観光まちづくり」の3つの専攻プログラムで構成。さまざまな視点から観光を学びます。

ゼミナールや専攻プログラムで専門性を高め、興味や目標に合わせて専攻を越えて科目を選択可能

1年次はグローバル社会や多文化の共生に貢献する「交流文化」を幅広く学びます。2・3年次は専攻ごとのゼミナールや専攻プログラム中心に専門性を高めつつ、興味や目標に合わせて専攻を越えて科目を選択可能。知識の幅を広げ、体験科目を通して実践的な力へ発展。4年次は具体的な研究テーマを決め、卒業論文を仕上げます。

フィールドスタディや海外研修プログラムなども豊富

学内での授業に加え、学外に出て実践することを重視し、講義で学んだ知識をさらに深く、広く追究。台湾、ベトナム、瀬戸内などでおこなう「フィールドスタディ交流」、ハワイ、沖縄、白川郷、東京、岩手などでおこなう「フィールドスタディ観光」をはじめ、国内外の多彩な体験学習を用意し実践的行動力を養います。

海外研修を通して異文化への理解を深め、実践的な言語活用能力を修得

アメリカ・サンディエゴ州立大学で4週間、英語能力を磨く「英語海外研修」、中国・北京語言大学で4週間、中国語に加え伝統文化なども学ぶ「中国語海外研修」、中国・北京語言大学で4カ月間学ぶ「長期海外セミナー中国語」、韓国・梨花女子大学校で6カ月間学ぶ「長期海外セミナー韓国・朝鮮語」の他、短期研修もあります。

愛知淑徳大学 交流文化学部 交流文化学科の入試情報

愛知淑徳大学 交流文化学部 交流文化学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:アイシン精機、愛知県教育委員会、ジェイアール東海高島屋、JTB、中国名古屋総領事館、中部国際空港旅客サービス、トヨタ自動車、名古屋ヒルトン、星野リゾート、三菱UFJ銀行

愛知淑徳大学 交流文化学部 交流文化学科の問合せ先

愛知淑徳大学 交流文化学部 交流文化学科お問い合わせはこちらへ

〒464-8671 名古屋市千種区桜が丘23
愛知淑徳大学アドミッションセンター TEL 052-781-7084

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。