グローバル・コミュニケーション学部

愛知

国際社会で求められる、幅広い教養と高度な英語コミュニケーション能力を備えた世界の人々と共に行動できる人材をめざす

募集人数:60

学科・コース名 募集人数
グローバル・コミュニケーション学科 60

愛知淑徳大学 グローバル・コミュニケーション学部の特長

学科内容

英語力の向上はもちろんのこと、英語で考え行動し、情報発信や課題発見・解決ができる力を養います。
「ALL ENGLISH」の環境で学ぶ専門科目と、全員が参加する海外留学によって、変化し続ける国際社会で求められる、幅広い国際教養と高度な英語コミュニケーション能力を備えた、世界の人々と共に行動できる人材を育てます。

少人数教育

入学時に実施されるTOEIC(R) LISTENING  AND READING IPテストのスコアに応じて 15名程度の少人数クラスを編成。60分の授業を週3回、約8週間で1科目を修了するクォーター制(4学期制)の短期集中・反復型の学修システムを導入し、1年次から効果的な英語力の向上をめざします。クォーター制の授業のため学科専用のフロアを設けています。

カリキュラム

ACADEMICS/国際情勢や外交問題、各国のメディア報道など文化・社会の視点から比較。また海外から見たNIPPONについての理解を深めるなど、異文化間においての“何が同じで何がどう違うか?”をコミュニケーション学の観点から考えます。
SKILLS/英語の「読む・書く・聞く・話す」の4技能を習熟度別の少人数クラスで1年次から集中的に学修。グローバル社会で必要となる読解力・会話力をはじめ、情報収集力や分析・評価・批判的思考力を養います。
STUDY ABROAD/修得した知識やスキルを2年次必修の海外留学で実践活用し、英語で考え行動する力を体験的に身につけます。留学を通して得た自分の興味の対象や課題などを研究テーマへ発展させていきます。

海外留学制度

2年次には全員が英語圏の大学で海外留学(6~8週間)を体験。学生一人ひとりが、早い時期から海外の環境にふれ、自分の興味や課題に気づき、今後の研究テーマに結びつけていくことを目的としています。留学先は、アメリカ、カナダの複数の大学から選択でき、ニュースメディア分析やサービスラーニングなど英語で専門分野を学びます。なお、留学費用として一律40万円を大学が補助します。

「ALL ENGLISH」の授業

英語でおこなう学科の授業には、交流協定校からの留学生も参加しています。ディスカッションやプレゼンテーションを通して、英語で発信する力を確実に身につけ、4年次には学びの集大成として全員が卒業論文を英語で執筆します。身につけた英語力を実社会で役立つ確かなスキルへと高めます。

取得できる資格

中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)[国]

目標とする資格

実用英語技能検定、TOEFL iBT(R)テスト・ TOEIC(R) LISTENING AND READING TESTのスコアアップ

愛知淑徳大学 グローバル・コミュニケーション学部の入試情報

愛知淑徳大学 グローバル・コミュニケーション学部の問合せ先

愛知淑徳大学 グローバル・コミュニケーション学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒464-8671 愛知県名古屋市千種区桜が丘23
052-781-7084 (問合せ先)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。