経営経済学科

北海道

経済学、経営学、法学、会計学、商学の5分野を基礎として、目標の進路に合わせた3コース制を導入!

募集人数 100
初年度納入金 104.95 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

旭川大学 経済学部 経営経済学科の特長

ビジネスパーソンに求められる“理論・知識を基に実践する力”を身につける「経済学コース」

経済の歴史や基礎理論、世界経済の動向はもちろん、アメリカやアジア、さらに日本、北海道、旭川といった地域経済にも焦点を当て、経済学をより深く学んでいきます。また、ゼミで実施されるフィールドワークや企業訪問などを通じ、社会に出たときに役立つ実践的な経済学を習得できるのも「経済学コース」の特徴です。

将来の起業や会社経営に興味がある人、行政職を目指す人にオススメ「経営・法学コース」

起業家や行政に携わる公務員を目指すのであれば、経営学と法学の知識は必須。「経営・法学コース」では、経済学の基礎を学んだ上で会社経営に必要な知識、各種公務員試験に対応できる学習内容に重点を置いています。民法、行政法、会社法、手形・小切手法、ベンチャービジネス論、農業経済論など開講科目も多彩です。

経理部門のエキスパート、販売・流通のプロを目指すなら「会計・商学コース」

会計関連、販売流通関連の専門職を目指す人なら「会計・商学コース」。具体的には、経済学の基礎を身につけた上で、簿記や会計学、商学、金融論などを専門的に学び、「簿記1級」「販売士2・3級」の資格取得を目指します。さらに大学院への進学や「税理士<国>」などの取得を目指せば、より専門性が高まります。

机上論では終わらない!社会のニーズを意識した実践力と探究心を深める「行動型講義」

1年次で学びに必要な基礎知識を、2年次以降は経済学部の真髄を学びます。学外では様々な現場(フィールド)や人と接し、社会への問題意識を高めます。夏の集中講義では、「北海道学」「京都学」「沖縄学」を開講し、協定大学の京都精華大学の学生と共にアイヌ文化、自然、地域等をテーマに、実体験を通して知識を深めます。

少人数制で多様なゼミを開講。旭川のラーメンガイドブックを出版「江口ゼミ」

江口ゼミナールでは「まちの元気づくり」を合い言葉に、旭川ラーメン本の出版、イベントでの「江口ゼミラーメン」の出店、高校生のラーメン甲子園の開催、「永山商店街マップ」の作成と地域への配布、JA東旭川との袋ラーメンの開発など、経済の理論を基にフィールドワークを行ない、知識を実践的に深めます。

やる気があれば結果につながる!チャンスも豊富な充実の「特待生制度」

入学時には筆記試験の結果に応じて入学金や授業料が免除される特待生制度があります。入学後も同様に、前年度の成績に応じて、A特待・B特待(授業料・施設設備費全額または半額免除)制度があります。また家計の状況を考慮した各種様々な奨学金があるので、担当スタッフに相談すれば、親身になって対応してくれます。

旭川大学 経済学部 経営経済学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:東川町役場、北海道警察、イオン北海道(株)、昭和木材(株)、(株)キョクイチ、旭川信用金庫、日本郵便(株)、(株)北海道クボタ、旭川農業協同組合

旭川大学 経済学部 経営経済学科の問合せ先

旭川大学 経済学部 経営経済学科お問い合わせはこちらへ

〒079‐8501 北海道旭川市永山3条23丁目1-9 入試広報課
TEL 0120‐48‐3124(フリーダイヤル)
nyushi@live.asahikawa-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。