安田女子大学

  • 623人が検討中

日本文学科

広島

日本の言語や文化から深い思考力と柔軟な応用力を養い、「心」を磨いていく

募集人数 90
初年度納入金 121.9 万円(入学金9万円含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

安田女子大学 文学部 日本文学科の特長

日本語や日本文学、その存在を支える豊かな文化的土壌も学ぶ

日本語や日本文学に関する授業を軸に、文法やことばといった国語力のいっそうの向上をめざした授業や、文学作品を生みだした歴史的・文化的土壌について深く学ぶ授業まで、幅広く用意。さらに、中国文化、書道などについても学びます。幅広いカリキュラムで興味のあるテーマを追究していきます。

専門教育科目で実務的・専門的な基礎能力を養う

幅広く学べるカリキュラムのもと、充実した専門教育科目を履修。国語や日本語の教員、学芸員や図書館司書などの免許・資格に必要な基礎的な力を養成するとともに、一般企業でも通用する実務的な基礎能力を育みます。

中・高の教員、司書、司書教諭などの養成課程

中学・高校教員、司書、司書教諭、学芸員、日本語教員資格取得課程を整え、専門職をめざす学生をしっかりとサポート。特に教職に関しては学科独自のカリキュラムのもと、広島県を中心に国語教員を多数輩出。広島県・市公立中学校教員採用試験(国語)において2018年6名、2019年6名、2020年4名が現役合格しました。

外国人対象の日本語教育サークルでの経験で、日本語や文化を再認識

「日本語教育サークルJFL」では、地域の公民館で外国人に日本語を教える活動を実施。大学で学んだ文法論や音声学などの専門知識を活かし、教えることの難しさと楽しさを経験しながら取り組んでいます。活動を通して日本人が見落としがちな日本語や文化を見つめ直し、国際化する地域社会に貢献する喜びを感じています。

3泊4日の研修旅行。学び調べたことを、現地探訪で体感して理解を深める

「日本文化文学実地研究」では、3泊4日の研修旅行を実施。日本の文化や文学への理解を深めるために、京都、奈良方面に出かけ、文化や文学の創造の舞台となった史跡や地域を訪ねます。博物館学の一環である「古文書学実習」でも、古文書についての演習のほか、資料保存機関を訪ねる学外実習を行います。

ことばや文化の学習場所を海外に広げる「中国文化語学演習」(CCLP)

中国語と現地の文化を学ぶための短期留学制度として「中国文化語学演習」(CCLP)を設けています。台湾の国立台中科技大学で中国語を学ぶほか故宮博物院などの名所見学、現地学生との交流会を実施。現地の伝統・文化を身近に感じながら、語学修得と異文化理解を同時に深めていきます(世界情勢等により延期の可能性あり)。

安田女子大学 文学部 日本文学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:日本製鋼所、エディオン、マックスバリュ西日本、中国銀行、日本郵便、タカキベーカリー、やまだ屋

安田女子大学 文学部 日本文学科の問合せ先

安田女子大学 文学部 日本文学科お問い合わせはこちらへ

〒731-0153 広島市安佐南区安東(やすひがし)6-13-1
TEL082-878-8557(入試広報課)
nyushi.box@yasuda-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。