茨城キリスト教大学

  • 194人が検討中

現代英語学科

茨城

コミュニケーションのための英語力と異文化理解力を育成

募集人数 70
初年度納入金 129 万円(学納金のみ)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

茨城キリスト教大学 文学部 現代英語学科の特長

自然と英語にふれることができる環境で、実社会で英語を活用できる人材を育成

英語を母語とする教員や留学生と日常的に会話ができるよう学びの環境を整えており、キャンパスにいながら留学を疑似体験することが可能です。エアラインやホテル、観光業など職業に特化した英語の講座、実社会を想定した英語活用の演習科目も開設。英語を活用して異文化に積極的に接することで、自分の世界が広がります。

基礎的な知識をしっかりと修得し、英語によるコミュニケーション能力を向上

1年次は、英語を「話す・聴く・読む・書く」ための基礎力の修得をめざします。2年次以降は、これらの4技能に基づいて英語でのコミュニケーションを促進することで、実践的に活用できる英語力を養います。自ら進んで異文化を体験し、理解するなかで、国や地域、価値観の違いを越えて活躍できる国際人を育成します。

コミュニケーション概論

コミュニケーションとは何か、言葉によるコミュニケーションがどのように成立するか、について学んだうえで、文化や社会、異文化間でのコミュニケーションの役割を考えます。さらに英語を用いて自分の考えを他者に伝えるために必要な文化的・社会的な背景に関する知識を深めます。

子供の英語教育

小学校の英語教材を使い、コミュニケーションを取るための英語の教え方について学びます。授業では、児童が参加しやすい英語によるコミュニケーション活動を考えて発表し、学生同士で評価し合いながら理解を深めます。小学校英語指導者の資格取得に対応した科目です。

キャンパスからはじまる国際交流「バディシステム」

本学で学ぶ留学生との交流を深めることを目的としたボランティア活動。留学生歓迎会の運営から引越しの手伝いなど、慣れない日本での生活をサポートしながらお互いの理解を深める場として、現代英語学科を中心に多くの学生が参加しています。

夏期・春期休暇を利用しての海外語学研修と半年間のセメスター留学、1年間の交換留学

アメリカ、イギリス、韓国など世界17か国30大学と提携を結び、各種留学プログラムを実施。海外語学研修は夏期・春期休暇中の2~4週間、交換留学は1年間留学できます。その他、現代英語学科独自のセメスター留学もあります(半年間)。留学先で得た単位も本学での卒業単位にカウントされるので、4年間で卒業が可能。

茨城キリスト教大学 文学部 現代英語学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:長寿荘、あぶらや燈千、東日本旅客鉄道、日本郵便、常陽銀行、茨城県信用組合、住友生命保険相互会社、住商グローバル・ロジスティクス、日立物流東日本、沼尻産業、リコージャパン、ケーズホールディングス、小泉、茨城トヨタ自動車、47PLANNING、アイ・イー・シー、茨城県立日立第二高等学校、東海村立東海中学校、ひたちなか市役所、茨城県警察

茨城キリスト教大学 文学部 現代英語学科の問合せ先

茨城キリスト教大学 文学部 現代英語学科お問い合わせはこちらへ

〒319-1295 茨城県日立市大みか町6-11-1
フリーダイヤル0120-56-1890
nyushi@icc.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。