児童教育専攻

茨城

さまざまな体験型の授業の中で、教育学、心理学、体験・活動型授業の3分野を中心にバランスよく学習。

募集人数 70
初年度納入金 129 万円(学納金のみ)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

茨城キリスト教大学 文学部 児童教育学科 児童教育専攻 の特長

特別支援学校教諭一種の資格取得も可能なカリキュラム

児童教育専攻では、2011年4月より県内の私立大学では初めて特別支援学校教諭一種免許状を取得できる課程が開設されました。この資格を取得すると、様々な障がいのある子どものための「特別支援学校」の教員としての採用に加え、各学校に設置された「特別支援学級」の担当などの活躍が期待され、将来の選択肢が広がります。

小学校教諭一種・幼稚園教諭一種をあわせて取得し、現代社会のニーズに応えます

児童教育専攻では、主に小学校児童の教育について学習。現在、保育園・幼稚園を卒園後、小学校にうまくなじめない子どもの増加を受け、幼児期の子どもの特質・教育を学ぶとともに、幼稚園教諭一種の資格も取得できます。また、学内カウンセリング研究室の研究実績を背景に、カウンセリングに関する学びも充実しています。

教育学、心理学、体験・活動型授業をトータルにバランスよく学びます

児童教育専攻では、学級崩壊やいじめ、不登校などの問題や学校行政の課題について考える「教育学」、教育相談や障がい児教育を学ぶ上でも活用できる「心理学」、児童文化や野外活動などを実践的に指導する方法や表現力を学ぶ「体験・活動型授業」の3分野をバランスよく学びます。

大豆や野菜栽培などをとおし、自然と人間の関わりを探っていく「労作体験」

「労作体験」では「種まきから、食べ、出し、後始末するまで」「原料づくりから、製品を使い、処理するまで」など、一貫したプロセスを体験します。さまざまな労作体験をとおし、自然と人間の関係や地域の人々の暮らしを考え、ものをつくる喜びや楽しさを子どもたちに伝えるための知識や技能を身につけます。

市内の小学校との連携で、実習のチャンスが拡大

「初等教育実習」は、3年次の9月に日立市内の指定された小学校で実施。これら小学校とは実習協力校として連携しており、日ごろから学習ボランティアとして、授業前の絵本の読み聞かせや授業の補助、放課後の自主学習の補助などで多面的に関わりを持っています。

教員を志す情熱ある学生を全力でサポートする「教職指導室」

教職指導室では、毎週教員採用試験対策講座を開講。あわせて、教員になるための学習相談や進路相談を実施。現場経験のある教員が教員採用試験の過去問を分析し、合格に向け効果的な指導を行います。小論文、面接、集団討論の実技指導もあり、万全なサポートのもと試験に臨むことができます。2020年度は90名の合格者を輩出。

茨城キリスト教大学 文学部 児童教育学科 児童教育専攻の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:日立市立大みか小学校、日立市立助川小学校、日立市立塙山小学校、日立市立久慈小学校、ひたちなか市立佐野小学校、ひたちなか市立市毛小学校、水戸市立笠原小学校、水戸市立酒門小学校、水戸市立緑岡小学校、水戸市立渡里小学校、高萩市立高萩小学校、常陸大宮市立上野小学校、笠間市立友部小学校、城里町立常北小学校、石岡市立恋瀬小学校、つくば市立茎崎第一小学校、かすみがうら市立志筑小学校、鉾田市立鉾田南小学校、古河市立西牛谷小学校、茨城県立水戸特別支援学校、茨城県立内原特別支援学校、茨城県立常陸太田特別支援学校、茨城県立伊奈特別支援学校、茨城県立結城特別支援学校、児童養護施設誉田養徳園、つくば市役所

茨城キリスト教大学 文学部 児童教育学科 児童教育専攻の問合せ先

茨城キリスト教大学 文学部 児童教育学科 児童教育専攻に関する
お問い合わせはこちらへ

〒319-1295 茨城県日立市大みか町6-11-1
フリーダイヤル0120-56-1890
nyushi@icc.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。