奥羽大学

  • 35人が検討中

歯学部

福島

東日本屈指の医療設備を備え、理論・実習・実践と系統的に学びます

初年度納入金:400 万円(入学時225万円、後期175万円。保護者会費など5万円、教材費7万1704円別途)(変更になる場合もあり)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
歯学科 96

奥羽大学 歯学部の特長

豊かな人間性を身につけ、深い教養と高い倫理観を持つ歯科医師をめざします

1972年の開学以来、「豊かな人間性の育成」を基本に置いた医療人育成を図っています。歯科医師に必要な高度な専門知識と技能修得に加え、医療人に必要な倫理観や社会性を育み、医療現場での問題の発見と解決する能力、歯科医師として生涯にわたり自己啓発と向上力を養う力を身につけます。

6年間の授業で、歯科医師として必要なあらゆるノウハウを身につけます

講義と実習が連動した実践的なカリキュラムにより系統的に学んでゆきます。2年次から本格的な専門学習が始まり、実習によってより専門性を深めて治療に必要な技術を磨きます。附属病院では診療参加型臨床実習を行い、臨床歯科の基礎とノウハウを学ぶとともに、最終学年では歯科医師としての知識を再確認し、歯科医師国家試験へ向けての学習に取り組みます。

全国各地で活躍する卒業生。研究者として大学院へ進学も

歯科医師国家試験に合格すれば研修歯科医として1年間臨床経験を積み、その後勤務医となる者、大学院へ進学する者と、それぞれの道を歩みます。大学院進学者は、それぞれの専門分野における理論応用を研究し、高度な能力と学識を持った研究者をめざします。

卒業後歯科医師国家試験に挑戦し、合格すると晴れて歯科医師に

本学での6年間の課程を修了すると、歯科医師国家試験の受験資格を得ることができます。合格後、歯科医師の免許が与えられます。

臨床実習にも活用される附属病院をはじめ、専門能力を高める施設・設備が充実

郡山市内の広大な敷地の中に附属病院、図書館、基礎医学研究棟、解剖学棟などが設けられています。附属病院は地域医療の要として、地域住民の診療をはじめ、臨床実習の場にもなっています。中央棟には歯科治療のシミュレーションシステムを備えた実習室や講義室、自習室なども設けられています。臨床研修医にも開放しています。

6年間の授業料が全額免除となる自力進学支援型「特待生制度」

地域社会に貢献できる歯科医師を育む取り組みとして、返納義務の無い自力進学支援型の「特待生制度」を整備しています。特待生選抜入学試験の成績優秀者は、特待生として入学し、最大6年間にわたって授業料全額免除(最大2100万円)で学ぶことができます。 
※次年度以降6年度まで年度末の進級審査に合格した者が継続できます。

奥羽大学 歯学部の問合せ先

奥羽大学 歯学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒963-8611 福島県郡山市富田町字三角堂31-1
TEL 024-932-9055 企画・広報課
E-mail info@ohu-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。