岡山理科大学

  • 207人が検討中

獣医学部

愛媛

ヒトと動物の健康を科学する。ライフサイエンス研究や感染症対策などのニーズに対応する獣医学部

初年度納入金:250 万円(獣医学科)・153万円(獣医保健看護学科)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
獣医保健看護学科 60
獣医学科 140

岡山理科大学 獣医学部の特長

獣医の新たな社会的ミッションを理解し、ヒトとの関連や応用を視野に入れた獣医学を学ぶ

これまでの日本の獣医学教育では、対象は動物で完結していましたが、今後は感染症対策やリスク分析、公衆衛生分野など獣医への社会的ミッションを理解し、ヒトとの関連やヒトへの応用を視野に入れた獣医学教育・研究を行い、現代的なニーズに応えていく必要があります。新しい獣医学部では、獣医師を育てる獣医学科、そして獣医とともに活躍する獣医関連専門家を育てる獣医保健看護学科の2学科を開設。どちらも専門領域として「ライフサイエンス(生命科学)分野」、「公共獣医事分野」、「医獣連携獣医分野」の学びを展開し、新たなニーズに対応できる人材を育成します。

■獣医学科

日本の獣医学部には2013年度から導入されている獣医学生が身につけるべき知識や技術のガイドラインを示したコア・カリキュラムがあります。本学科では4年次まで共有科目として設定。残り2年間をアドバンス科目として、専門性を高めていく教育を行います。5年次からは「ライフサイエンス(生命科学)分野」「公共獣医事分野」「医獣連携獣医分野」の3分野に分かれて専門性を養うカリキュラムを採用しており、内容が重複している無駄な部分を除いた画期的なカリキュラムとなっています。本学が擁する多彩な専任教員に加えて、各分野の専門家を多数招いて、社会ニーズに対応できる国際的な獣医師を育成します。

■獣医保健看護学科

獣医師が担う領域は、ペットの治療だけにとどまらず、家畜の健康・衛生管理、感染症対策のほか、実験動物を用いた創薬開発など、多岐にわたります。これらの領域において、獣医師とともに働く人材が不可欠です。本学科は、獣医師とともに働くスペシャリスト「獣医関連専門家(Veterinary Para-Professional:VPP)」を世界に先駆けて養成。1年次から獣医学科の学生とともに学び、VPPと獣医師の担う職域の違いや分担方法を理解し、有益なチームワークを構築します。そのために、「ライフサイエンス分野」「公共獣医事分野」「獣医療看護分野」の3分野に分かれて専門性を養うカリキュラムを採用しています。動物の健康と幸せ、動物と人が共生する安全・安心な社会の実現に貢献。実験動物一級技術者や動物看護師などの資格をもって、獣医領域で活躍できる人材を育成します。

■ライフサイエンス分野/動物からヒトの治療につなげる

ヒトや動物に共通する感染症をコントロールし、新しい医薬品の開発、病気の予防・診断・治療に関わっていく、動物とヒトの健康を科学する専門領域。学問分野を超えて医学・薬学と連携し、適切な動物実験を行い、動物種の特性をふまえ有効性とリスクを慎重に分析しつつ、創薬などの開発研究を進めます。獣医学の知識と技能を活かす、ライフサイエンス研究分野です。

■公共獣医事分野/ローカル&グローバルな課題に対応

エボラ出血熱やデング熱、ジカ熱、インフルエンザなど、ほとんどの感染症が動物由来だということが明らかとなり、獣医師が関わるケースが増えています。感染症の蔓延防止には、物理的・地形的隔離を利用する地域封じ込め対策が有効。四国という地理的特性を活かし、こうした危機管理の学術拠点として、水際対策のできる獣医師の育成が期待されています。また、グローバル化の進む現在、国際的な感染症の統御、輸入食品の安全性確保など、国際的視野で危機管理対応のできる公務員獣医師の養成も期待されています。

■医獣連携獣医分野/動物とヒトの健康と福祉に貢献

医学と獣医学は共通であるという認識に立ち、応用ライフサイエンス分野で、新しい獣医臨床を実践し、動物とヒトの健康と福祉への貢献を目指します。高度化・多様化する獣医療において、獣医師と獣医関連専門家(VPP)が連携して、ひとつのチームとして獣医療にあたるチーム獣医療が不可欠。チーム獣医療の発展に貢献できる獣医師や獣医関連専門家を育成します。

■獣医学科

【ライフサイエンス分野】
製薬企業、ワクチン製造メーカー、食品企業、国立研究機関(動物衛生研究所、国立感染症研究所など)、医薬品開発受託機関(CRO:Contract Research Organization)、大学院進学 など

【公共獣医事分野】
国家公務員(農水省、厚労省、環境省、食品安全委員会)、地方公務員(県・政令指定都市)(公衆衛生/動物衛生)、産業動物臨床(農業共済組合NOSAI、個人開業)、大学院進学 など

【医獣連携獣医分野】
小動物臨床、実験動物研究施設(CROを含む)、中央競馬会(JRA)、大学院進学 など

■獣医保健看護学科

【ライフサイエンス分野】
製薬企業、ワクチン製造メーカー、食品企業、国立研究機関(動物衛生研究所、国立感染症研究所など)、医薬品開発受託機関(CRO:Contract Research Organization) など

【公共獣医事分野】
農林水産省畜産系技術職員(動物検疫所、家畜改良センター、農林水産消費安全技術センター)、家畜衛生保健所、地域振興局、畜産試験場、動物愛護施設、動物園 など

【獣医療看護分野】
小動物臨床(1次病院、2次病院)、実験動物研究施設(CROを含む)、ペット保険会社、動物臨床検査機関、ペットフード、ペットケア関連企業、獣医関連出版企業 など

■獣医学科

獣医師 国家資格(受験資格)、および実験動物一級技術者、日本実験動物協会認定資格(受験資格)の取得を目指せます。

■獣医保健看護学科

食品衛生管理者 国家資格、食品衛生監視員(任用資格)、実験動物一級技術者 (受験資格)、認定動物看護師(受験資格)、家畜人工授精師 国家資格(受験資格)の取得を目指せます。

岡山理科大学 獣医学部の入試情報

岡山理科大学 獣医学部の問合せ先

岡山理科大学 獣医学部に関するお問い合わせはこちらへ

入試広報部
〒700-0005 岡山県岡山市北区理大町1-1
TEL:0800-888-1124(受験生ホットライン/フリーコール)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。