社会文化学科

沖縄

「沖縄」と「人間」を深く学び、「アジア・世界の中の沖縄・日本」を担う人材を目指します。

募集人数 80
初年度納入金 97.12 万円(入学金・授業料ほか含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

沖縄国際大学 総合文化学部 社会文化学科の特長

沖縄を徹底的に学び、アジア・世界の未来を展望・構想できる力を養います

「アジアの時代」が叫ばれる今、日本・沖縄の未来を展望・構想するには、歴史的にアジア諸国と独自の関係を築いてきた琉球弧の島々の歴史・文化・社会を考えることは不可欠です。本学科では、日本の未来を担い世界に発信する力を養うために、考古・先史学、歴史学、民俗・文化人類学、社会・平和学を学びます。

各学年を通じてゼミ教育を重視。3年次にはフィールドワークを行います

1年次にフレッシュマン・セミナーで学習・研究の基礎を学び、2年次以降は専門分野について段階的に学びを深めていきます。3年次は沖縄県内各地(場合によっては県外、海外)でフィールドワークを実施。自らの実体験を通して沖縄、そしてアジア・世界の中の日本・沖縄を理解し、琉球弧の人々の暮らしを全体的に学びます。

3年進級時に専門ゼミを選択。ゼミ別のフィールドワークで沖縄を探究します

7つの専門ゼミ(考古・先史学/歴史学(前近代史)/歴史学(近現代史)/民俗学/人類学/社会学/平和学)の中から、興味に合わせて1つのゼミを選択。専門的な学習・研究に取り組みます。ゼミごとにフィールドワーク(現地調査)を行い、文献資料だけでなく、フィールド(現場)を重視した沖縄理解を目指します。

「フィールドワークや平和ガイドサークル活動を通して自分を高めることができる環境です」

「社会文化学科は考古学・歴史学・民俗学・人類学・社会学・平和学の分野から沖縄を学ぶ学科です。フィールドワークを重視し、現地に足を運んで学ぶことに力を入れています。私は本学科の平和ガイドサークルにも所属。学ぶだけでなく、活動を通して発信力も身につけています」。
(浦添高校出身 座間味 可奈代)

【銀行員】「様々な視点から沖縄について学べる学科で興味や好奇心を大事にしてください」

「沖縄について学びたくて社会文化学科に進学。講義やゼミを通して『あたり前を疑う』という視点を大切にするようになりました。在学中は施設でのボランティアや他学科の学生とのフィールドワークなど、多くのことを体験して視野を広げることができました」。
(沖縄海邦銀行勤務/仲里 有紀美[那覇高校出身])

沖縄国際大学 総合文化学部 社会文化学科の入試情報

沖縄国際大学 総合文化学部 社会文化学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:沖縄食糧、沖縄ゼロックス、琉球ホテルリゾートオクマ、オリックス・ビジネスセンター沖縄、サンエー、かりゆし、丸正印刷、トヨタカローラ沖縄、金秀商事、OWNDAYS、琉球新報社、ヒルトン沖縄北谷リゾート

沖縄国際大学 総合文化学部 社会文化学科の問合せ先

沖縄国際大学 総合文化学部 社会文化学科お問い合わせはこちらへ

〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1
098-893-8945(入試センター)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。