関西大学

  • 5,124人が検討中

総合情報学部

大阪

最新の情報システム環境による実践的な学びを通して確かな情報フルエンシー(利活用能力)を備えた人材に

募集人数:500

学科・コース名 募集人数
総合情報学科 500

関西大学 総合情報学部の特長

学科の特色

高度情報化社会で必要とされる多面的視野を育むため、「情報」という視点からさまざまな領域を総合的に探究します。文系・理系の枠組みにとらわれず自在に学び、情報を活用するうえで必要な実践的技術を身につけます。

3つの系

■メディア情報系/多様化が進む情報メディアとコミュニケーションに関する専門分野を中心に学びます。心理・言語・文化・社会・教育など、多角的視点から情報学に関する知識・理論を身につけつつ、プロ仕様のTVスタジオやマルチメディアコンテンツ制作システムなど最新鋭の設備を利用し、映像、CG(コンピュータ・グラフィック)、VR、ARの制作に取り組み、知識と技能をバランスよく習得します。 ■社会情報システム系/経済やマーケティング、公共政策など、企業や社会組織における情報の利活用について理論と実践の両面から学び、実社会の複合的な問題に対応する能力を養います。データ分析の基礎から、高度な統計分析を行える科目まで幅広く用意しているので、EBPM(エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング。証拠に基づく政策立案)が行えるような素養が身につきます。また、社会調査士の資格が取得できるように科目が整備されています。 ■コンピューティング系/人間の生活空間あるいはインターネット上の情報空間との相互作用(インタラクション)を通して機能する情報システムの設計・開発ができる人材育成をめざして、基礎から応用まで多くの授業科目を用意しています。さまざまな情報機器とセンサを組み合わせて、AIやロボットなど新しいインタフェースを創りだす実習科目によって、これからの“モノづくり”にチャレンジすることもできます。

導入教育

少人数クラス・演習形式で行う「導入ゼミ」では、図書館の利用法や情報収集の手法、レポート作成やプレゼンテーションの手順を体験的に学び、大学におけるスタディスキルやクリティカル・シンキングの基礎を築きます。次に、「Enjoy Computing」という科目では、初歩的なゲームのプログラミングやディジタル画像の編集などを通じて、コンピュータで何ができるかを楽しみながら体験します。実習形式の「ソフトウェア実習」という科目では、総合情報学部で学んでいくために必要なコンピュータの基本操作や基礎となる技術を習得できます。

データサイエンス教育プログラム※2021年4月開設

データの収集・表現、統計的分析、プログラミングなどの講義・実習を集約した2種類の教育プログラム(データサイエンス基礎/データサイエンス応用)に参加することで、データサイエンス技法を段階的に修得します。

関西大学 総合情報学部の入試情報

関西大学 総合情報学部の問合せ先

関西大学 総合情報学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒569-1095 大阪府高槻市霊仙寺町2-1-1
06-6368-1121 (大代表)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。