システム理工学部

大阪

産業や科学技術などのさまざまな「しくみづくり」を学び、人類の幸福に貢献できる研究者・技術者をめざす

募集人数:501

学科・コース名 募集人数
数学科 33
物理・応用物理学科 66
機械工学科 220
電気電子情報工学科 182

関西大学 システム理工学部の特長

数学科

数学の考え方・見方をじっくり養い、プレゼンテーション力を磨くため、全学年に少人数のゼミナール形式の授業を設けています。純粋数学、応用数学のどちらの分野でも将来専門性が生かせる、あるいは数学を使う他の専門分野も志せるカリキュラムを用意しています。1・2年次で微積分、ベクトル・行列の理論、位相空間論、群論、統計の基礎などを学ぶとともに、コンピュータを用いた実験、数式文書の作成も行います。3年次で代数学、解析学、幾何学など各専門分野の基礎を学んだ上で4年次の卒業研究に取り組みます。

物理・応用物理学科

物理学は極微の素粒子から物質、生物、環境、そして宇宙全体までを対象とする自然科学です。未知の現象を理論や実験を通して解明し、研究成果を社会に還元・発信できる技術者・研究者の育成をめざしています。
◆基礎・計算物理コース 量子力学、流体力学など物理学の骨格となる科目を学んで自然法則の理解を深めます。
◆応用物理コース 光、超音波、磁力などについて学び、物理学の工学的応用に必要な知識を身につけます。

機械工学科

新幹線や飛行機、宇宙ロケットからパソコンや家電製品、人工臓器など、多種多様な機械装置には、物質的機能、エネルギー的機能、情報処理的機能の存在が必要です。同学科ではこの3つの機能それぞれの基本原理の理解と応用技術の習得をめざしています。機械製作に必要な材料や力学特性、エネルギー変換の原理と技術、運動や振動現象などについて理解するとともに、機械を構成する要素や機構の設計、組み立て方法、さらに情報・計測・制御の基礎理論についても学習します。

電気電子情報工学科

現代社会を支える電気・電子・情報・通信工学の基礎知識と技術を幅広く学び、先進的な応用へと展開していく力を身につけることをめざしています。1・2年次では数学や物理学をベースとする共通科目から基礎知識を学び、電気・電子回路の仕組みを理解する実験やプログラミングの演習を通じて実践的な能力を養います。3年次から重点科目により、電気電子・情報通信・応用情報の3コースに分かれて学び、4年次に卒業研究に取り組みます。各コースは基礎となる知識やスキルが重なりあっており、他コースの科目履修も可能です。

学部の特色

実験と講義の有機的な連携に基づいた専門的な知識・技術はもちろん、豊かな創造力と論理的な思考能力、コミュニケーション能力を養い、ロケットやリニアモーターカーなど、人類を幸福にする「しくみづくり」に貢献できる研究者・技術者を育成します。

関西大学 システム理工学部の問合せ先

関西大学 システム理工学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35
06-6368-1121 (大代表)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。