建築・環境学科

神奈川

日常生活から地球環境まで、文理を問わず多様化した課題解決をめざし、より幅広い「建築・環境学」を学ぶ

募集人数 138
初年度納入金 170 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

関東学院大学 建築・環境学部 建築・環境学科の特長

建築のデザイン/エンジニアリングに加え、地球・環境の領域も導入し、多角的に学びます

建築を、デザインから施工まで多角的に学べる場を提供。建築学の基礎全般(製図法や建築の技術的理論とその実践)を学び、環境との共生を重視したデザイン、都市・建築物をつくるだけでなく改修・再生・維持管理する手法まで、現代的なニーズ・課題に幅広くアプローチします。

都市・建築・住まいの固有の課題に多角的に取り組むコース制

3年次から、建築デザインコース、建築・都市再生デザインコース、すまいデザインコース、環境共生デザインコース、建築エンジニアリングコースに分かれ、環境との共生を重視したデザイン、建築物・都市の改修・再生・維持管理、住宅環境の改善など、社会のニーズにこたえる建築のプロフェッショナルをめざします。

注目の科目「エリアサーベイ演習」

建築物を建てる場所の環境をよく理解して設計する能力を養うために、この授業では「フィールドワーク」と呼ばれる、街の調査手法について学びます。実際に街を歩いて、自然環境を観察したり、そこに住む人々の生活や街の歴史などを調べ、その街に最も適した建築や都市を創るために必要とされる鋭敏な感性を育てます。

「モデリングワークショップ」など多彩な実習科目

この授業では、建築模型の制作作業を通じて、建築デザインに必要とされるプレゼンテーション技法を学びます。演習では、立体構成を主とした各種の即日課題を行い、建物の内容に応じた模型材料の選択、工作方法、精度の出し方、表現方法などを修得し、模型制作の基本を身につけます。

まちづくりからインテリア、家具まで、幅広い分野で活躍

都市・建築は人の暮らしそのものに関わるだけに、まちづくり、一般建築、住宅、インテリア、家具など多岐にわたる分野で活躍することができます。単につくるだけでなく、生活環境向上にトータルに関わることができる幅広い視点を備えた建築家・建築技術者・プランナー・ディベロッパーを育成します。

世界各地との国際交流活動を積極的に進めています

建築・環境学部では毎年、ロシアや韓国、イタリアなど海外の大学と、積極的な国際交流を行っています。研究発表やコンペ、ワークショップでものづくりをしたり、現地の先生のレクチャーを受けて建物を見学したり、自分の作品を英語で発表したりなど、参加学生はみな、大いに創造的な刺激を受けています。

関東学院大学 建築・環境学部 建築・環境学科の入試情報

関東学院大学 建築・環境学部 建築・環境学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:建設会社、建築設計事務所、構造設計事務所、設備設計事務所、インテリアデザイン、家具デザイン、住宅メーカー、建材メーカー、設備機器メーカー、設備工事会社、リフォーム会社、不動産デベロッパー、ビルメンテナンス会社、国家・地方公務員

関東学院大学 建築・環境学部 建築・環境学科の問合せ先

関東学院大学 建築・環境学部 建築・環境学科お問い合わせはこちらへ

〒236-8501 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL045-786-7019(アドミッションズセンター)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。