経営学部

神奈川

実践的な学びを通して主体性・柔軟性を身につけた良識あるビジネスリーダーとして組織をけん引する

募集人数:352

学科・コース名 募集人数
経営学科 352

関東学院大学 経営学部の特長

教育目標

主体性・実践性・協調性を重視し、企業や組織の運営・管理に必要な知識とスキルを学修。経済社会の激しい変化に対応するために、主体的かつ柔軟に考え行動する力の養成と、就業力・キャリア能力拡充のための実践的な学びに力を注ぎ、良識あるビジネスリーダーとして広く社会に貢献できる人材を育成します。

学びの内容

実践的・主体的・能動的な学びに重点を置いている経営学部では、グループワーク、マーケティング、プレゼンテーション等で、思考・判断を繰り返し行い、体系的に学ぶことで、経営学の知識と方法論に基づいた課題設定・問題解決能力を培います。経営の基礎科目の他に、商学、会計、情報、現代ビジネス等の科目を設置し、幅広い教養や専門知識を修得し、企業や組織が直面する課題を見出し解決する力、新しいものを生み出す力、何かを変える力を養成します。

カリキュラム

初年次の「ビジネスプラン」に始まり、「実践ビジネス科目」「現代ビジネス講座」「インターンシップ」「ゼミナール」等を通じ、経営学の学びの中で繰り返し社会に参加する機会を提供し、経営学の専門知識と方法を活用し、社会的諸問題を論理的かつ客観的に分析できる能力を身につけます。 中でも、経営の現場を体験できる多彩な実習を通し、社会で生きるための力ともいえるコミュニケーション能力と協調性、主体性、積極性を持った人材を育成します。

K-biz

経営学部では、これまでに培ってきた教育資源やネットワークを活かし、社会に求められる人材を育成するため、サポート企業ネットワーク「K-biz」を構築し、実際の企業の現場の視点を大きく取り入れた教育を推進。「K-biz」には、東証一部上場企業から地域企業まで、さまざまな業種から11社が参画している。【K-biz企業名】株式会社日テレアックスオン、アーバン・コーポレーション、KADOKAWA、京浜急行電鉄、相鉄ホテル(横浜ベイシェラトン)、電通、中外製薬、野毛印刷所、毎日新聞社、三菱UFJ銀行、モスフードサービス

ビジネスコンペティション

ビジネスに必要な企画力・提案力・プレゼンテーション能力・実行力を競い合うイベントを、2003年より毎年12月に開催しています。一次、二次、最終審査と三段階にわけて審査します。二次審査からは企業の経営者や専門家が審査を務め、最終審査では、プランだけではなくプレゼンテーション能力も加味されます。

関東学院大学 経営学部の入試情報

関東学院大学 経営学部の問合せ先

関東学院大学 経営学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒236-8501 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1
045-786-7019 

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。