バイオサイエンス学科

京都

先端的なバイオサイエンスを学び「環境」と「健康」に貢献できるバイオ技術者を養成

募集人数 65
初年度納入金 173.44 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

京都先端科学大学 バイオ環境学部 バイオサイエンス学科 のコース

学科・コース名 募集人数
分子生命科学コース
大学院・理科教員・公務員コース
食品科学コース
植物・微生物機能開発コース

京都先端科学大学 バイオ環境学部 バイオサイエンス学科の特長

分子生命科学コース

生物が持つ仕組みを化学的な視点から理解することができる知識と技術を身につけます。そのために生体内外で働く物質の分析法や合成法に加えて、生命科学分野に必要な遺伝子・タンパク質・細胞などに関する専門技術や実験方法を習得します。化学・医薬農品・化粧品などの領域で活躍できる人材を育てます。

食品科学コース

人々の健康に役立つ新しい食品の開発、製造、品質管理に求められる知識や技術を学びます。食品の成分や機能などを理解するための食品科学や栄養科学、ならびに食品の安全性などに関する基礎から応用力を身につけ、食品業界などの領域で活躍できる人材を育てます。

植物・微生物機能開発コース

植物や微生物の機能を遺伝子、タンパク質、細胞レベルで理解し、それらの機能を高めるための知識や技術を学びます。食料問題や環境問題の解決に向けた新たな植物や微生物を創出するため、品種改良や環境浄化に関する知識や分析技術を身につけ、関連する分野で活躍できる人材を育てます。

大学院・理科教員・公務員コース

大学院、理科教員、公務員をめざす人材を育てるコースです。それぞれの志望に応じて個人指導で学びます。教員や公務員志望者は採用試験を意識した一般教養や専門科目、大学院進学志望者は志望分野に応じた専門科目に加え、1年生から英語力の強化をめざします。

バイオサイエンス専門実験

バイオサイエンス学科の全学生にとって必修科目で、各分野の特徴的な実験を体験することで卒業研究などに必要となる機器操作や実験手法を身につけます。これらの実験が社会で使われているバイオサイエンス領域の手法や技術とつながっていることも実感できます。

開放的・先進的な実験室

京都亀岡キャンパスのバイオ環境館は、120人が同時に実習できる豊富な器材を備えた大規模な学生実験室を擁し、クロマトグラフィー、質量分析計、NMRなど分析機器も充実。広々とした実験室で、企業との開発研究や、先端的な学術研究に取り組むことができます。

京都先端科学大学 バイオ環境学部 バイオサイエンス学科の入試情報

京都先端科学大学 バイオ環境学部 バイオサイエンス学科の問合せ先

京都先端科学大学 バイオ環境学部 バイオサイエンス学科お問い合わせはこちらへ

【京都太秦キャンパス】〒615-8577 京都市右京区山ノ内五反田町18
TEL:075-406-9270(入学センター直通)
メール:nyushi@kuas.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。