京都橘大学

  • 866人が検討中

情報工学科

京都

最先端の情報テクノロジーの知識をいかして、人と交わり、社会に貢献するITのスペシャリストを育成

募集人数 130
初年度納入金 152.5 万円(うち入学金20万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

京都橘大学 工学部 情報工学科の特長

さまざまな人々と関わりながら、情報技術を社会に役立てるための実践力を培う

情報技術が急速に進展する社会で必要とされる人材は、人間社会に対する深い洞察をもち、さまざまな分野の人々と関わりながら、情報工学をいかして社会に貢献できる人です。企業や行政、他学部の学生などさまざまな人と関わりながら、実際にシステムを構築していくことで、情報技術を社会に役立てるための実践力を培います。

情報工学の基礎を徹底。全員がプログラミング能力と論理的思考能力を身につける

情報工学を学ぶうえでは、学びの基礎となる知識・技能の確実な修得が不可欠なため、基礎スキルを学ぶ科目を厳選して配置しています。1~2回生にかけて、手厚い指導により学生全員がプログラミング能力と論理的思考能力を獲得します。その後も充実した応用プログラミング科目を用意し実践的に高度スキルを培います。

「ソフトウェアデザインコース」・「ネットワークデザインコース」

「ソフトウェアデザインコース」
次代のシステムやソフトウェアを提案・デザイン・活用できる力を修得します。
「ネットワークデザインコース 」
有用で安全なネットワークをデザインする力を身につけ、情報社会に貢献できる人材をめざします。

「IoTシステムコース」・「メディアデザインコース」・「データサイエンスコース」

「IoTシステムコース 」
日常のさまざまなシーンで活用されるIoT技術の知識と技能を修得します。
「メディアデザインコース」
ゲームやアプリ、VRなど、さまざまなメディアの構築・応用力を養います。
「データサイエンスコース」
社会のデータを応用的に活用し、さまざまな問題・課題を解決する力を身につけます。

これからの時代で個性を発揮しながら活躍するための実践的な学び

PBL(課題解決型学習)を行うプロジェクトマネジメントやプロジェクト演習などのゼミをはじめ、情報技術と社会とのつながりを意識した科目を配置。他学部や社会と連携した実践的な学びを繰り返すことで、異分野の人と協働する力や、違う分野の知識と自分の持つ技術を組み合わせ、個性を発揮し活躍できる力を育みます。

ゲームクリエイターも夢じゃない! 楽しく学べて夢をかなえる力になる多彩な授業

「インタラクティブ・アプリケーション・プログラミング」の授業では、事例にコンピュータゲームを取り上げ、ヒトの習性を利用したゲームデザインやアプリケーション開発に取り組みます。スマートフォンやVRなども用い、インタラクティブアプリケーション(双方向TV、動画配信など)の応用範囲について楽しく学びます。

京都橘大学 工学部 情報工学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:IT企業、製造業、教育機関、ハードウェアやソフトウェアの設計開発エンジニア、システムエンジニア、システムコンサルタント、公務員、エンタテイメント業界、金融機関、ネットワークエンジニア、マルチメディアエンジニア、セキュリティアドミニストレータ、データサイエンティスト、高校教員

京都橘大学 工学部 情報工学科の問合せ先

京都橘大学 工学部 情報工学科お問い合わせはこちらへ

〒607-8175 京都市山科区大宅山田町34
TEL 075-574-4116(入学課直通)
admis@tachibana-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。