京都産業大学

  • 1,780人が検討中

経済学科

京都

経済学を基礎からしっかりと学び、社会を見通し、社会問題の解決方法を考察できる“優れた経済人”を育成

募集人数 625
初年度納入金 109.25 万円(※分納制)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

京都産業大学 経済学部 経済学科の特長

4つの専門コースから経済学の専門性を学ぶ

「現代経済」「ビジネス経済」「地域経済」「グローバル経済」の4つのコースを設置。社会のさまざまな仕組みを分析・研究する経済学の中で、より興味・関心のある分野を探究します。さらに、英語で経済学を学ぶ「上級英語プログラム」など、経済学の専門性プラスアルファの能力を磨き、多彩な業界での活躍をめざします。

【現代経済コース】現代社会を読み解く

国の政策や人や企業の経済活動を通し、社会問題を読み解きます。若年層の失業、少子高齢化の影響など、日々のニュースで目にする問題が、なぜ起こるのか、どのような解決策があるのか。行政が市場に果たす役割や課題、財政への影響についても考えていきます。

【ビジネス経済コース】企業経営を捉える

経済環境の変化が産業構造に与える影響を、企業の視点で読み解くコースです。政府が規制緩和を進める一方、企業は合併・買収や組織改革など、さまざまな戦略で対応しています。こうしたリアルな事例を分析しながら日本の産業構造を理解し、企業戦略の未来を考えます。

【地域経済コース】地域の課題を知る

若者の人口流出、自治体の財政難など、日本の地域はさまざまな問題を抱えています。このコースでは地域社会が直面する課題の解決方法を多様な視点から考察します。自治体、企業、住民、それぞれの立場から見た、豊かな地域経済・社会の在り方を探っていきます。

【グローバル経済コース】世界経済について学ぶ

貿易や金融などさまざまな国際取引に関する問題を、グローバルな視点から読み解きます。商社やメーカー、小売業に至るまで、現代の日常は「世界」と共にあります。このコースでは複雑な国際経済問題を読み解きながら、「世界の中の日本経済」の動向と明日を考えます。

1年次にミクロ経済学・マクロ経済学などの基礎経済学をしっかりと学ぶ導入教育を重視

「経済学入門」では、経済学の基礎となるミクロ経済学・マクロ経済学を学修。あわせて、「入門セミナー」「データ処理セミナー」といった少人数クラスにより、コミュニケーション能力や情報処理能力を養い、1年次に学んだ基礎を2年次以降から本格化する専門教育の学修につなげます。

京都産業大学 経済学部 経済学科の入試情報

京都産業大学 経済学部 経済学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:伊藤ハム、凸版印刷、積水樹脂、日本新薬、東芝、島津製作所、関西電力、近畿日本鉄道、東海旅客鉄道(JR東海)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、日本通運、阪急電鉄、ANA関西空港、タキイ種苗、イオンリテール、ジェイアール西日本伊勢丹、セブン-イレブン・ジャパン、阿波銀行、池田泉州銀行、伊予銀行、関西みらい銀行、紀陽銀行、京都銀行、滋賀銀行、静岡銀行、中国銀行、百十四銀行、福井銀行、北國銀行、みずほフィナンシャルグループ、京都中央信用金庫、大樹生命保険、明治安田生命保険、日本旅行、全国健康保険協会、日本郵便、日本年金機構、阿南市役所、有田市役所、淡路市役所、宇和島市役所、大野市役所、警察庁、長浜市役所

京都産業大学 経済学部 経済学科の問合せ先

京都産業大学 経済学部 経済学科お問い合わせはこちらへ

〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
TEL075-705-1437(入学センター)
info-adm@star.kyoto-su.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。