グローバルスタディーズ学科
2021年4月設置予定(構想中)

京都

世界の文化を学び、体験し、多様な人々が幸せに暮らせる社会をめざす。

募集人数 90
初年度納入金 133.6 万円(※上記金額には、入学金20万円を含みます。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

京都精華大学 国際文化学部 グローバルスタディーズ学科の特長

新しい視点で国際社会をとらえ、グローバルな課題を解決するアイデアを考える

土地の文化や暮らしに大きな影響を与える「グローバル化」について多様な側面から考察し、これからの世界を見通す力を養います。国際社会のなかで存在感を増しつつあるアフリカ・アジア地域。その社会や文化に目を向けながら、多様性のある共生社会の実現に貢献できる人材を育成します。

1年次は専攻にしばられず、グローバル社会や文化の基礎を学習。2年次から専攻を選ぶ

【グローバル関係専攻】「国」と「地域」という単位で世界を理解し、それぞれの関係性を考察します。
【グローバル共生社会専攻】「異なる言語や暮らしを営む人々」がともに生きるためにどうするべきかを探究します。
【アフリカ・アジア文化専攻】アフリカとアジアの文化や社会を起点に、今後のグローバル社会を考察します。

国際社会や共生社会を理解し深く考えるための授業

『国際政治学』民族間紛争や環境問題などを取り巻く国際政治を学び、そのあり方を考えます。
『マイノリティ研究概論』マイノリティ(社会的少数者)をとりまく社会状況の知識を身につけ、社会のあり方を考察します。
『アフリカ地域研究1』民族文化や宗教などを学び、アフリカの社会・文化への理解を深めます。

多文化コミュニティ・スペースなどグローバル体験ができる施設も

「修交館」は、日本人学生と留学生が2人1室でともに暮らす国際学生寮。日常生活のなかで異文化理解を深めることができます。このほか、日本人学生と留学生が学びあえる学習スペース「iC3(アイシーキューブ)」などもあり、学内でもグローバルな体験ができます。

学生を経済面で支援する、さまざまな制度

20万円を学費から減免する「資格取得特待生制度」など、本学独自の多様な奨学金制度を設けています。また、クリエイティブ系や事務系ソフトウェアが、在学中は無償で利用できるほか、京都市内の美術館、博物館、動物園、京都国際マンガミュージアムといった文化施設の優待利用制度を設けています。

在学中に複数回、海外体験ができる。3年次には半年間海外での現地調査をする

1年次に「海外短期フィールドワーク」、3年次に半年間の「海外長期フィールドワーク」を履修し、1度の海外体験で得た気づきを次の海外体験に生かし、学びをさらに深化させることができます。3年次のフィールドワークの滞在先は、研究テーマにあわせて各自で選択できます。

京都精華大学 国際文化学部 グローバルスタディーズ学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:国際展開する企業(商社、メーカー、外資系企業)、国内外の文化を広く伝える企業(イベント企業、旅行・観光)、出版・広告・マスコミ業界、教育関連(中学校・高校教員)、NGO・NPO・ソーシャルビジネス関連企業、研究者

京都精華大学 国際文化学部 グローバルスタディーズ学科の問合せ先

京都精華大学 国際文化学部 グローバルスタディーズ学科お問い合わせはこちらへ

〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
TEL:075-702-5197(広報グループ)
shingaku@kyoto-seika.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。