京都芸術大学

  • 534人が検討中

アートプロデュース学科

京都

学芸員やキュレーターなど、アートと社会をつなぎ、アートを支える人材を育てる。

募集人数 25
初年度納入金 135 万円(入学金20万円含む。分割可能)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

京都芸術大学 芸術学部 アートプロデュース学科 のコース

学科・コース名 募集人数
アートプロデュースコース

京都芸術大学 芸術学部 アートプロデュース学科の特長

アートの研究や批評、プロデュースをする研究者やキュレーターをめざす

社会の中でアートが影響力をもつためには、作品をつくる作家だけでなく、その作品の素晴らしさを伝え広めてゆく人材が必要。この学科では、美術館やギャラリーなどで働く学芸員やキュレーターのようにマネジメントやプロデュースをする人、また研究や批評によって作家を理解し、支える人材育成をめざす。

海外で活躍するキュレーターに学び、展覧会の企画を体験

美術史的な知識と批評眼を養うことを主軸としたカリキュラムを用意。作品の素晴らしさを伝え広めてゆく能力を、実践を踏まえながら育成する。具体的には、海外で活躍するキュレーターや研究者から世界に通用するモノサシを学び、展覧会やアートプロデュースを実際に企画することでプロデュース力を身につけていく。

コミュニケーションを基本とした美術鑑賞教育『ACOP』

『ACOP』とは、鑑賞者とアート作品との間に立ち上がるコミュニケーションの大切さを学ぶため、「みる・考える・聞く・話す」というコミュニケーションを基本とした美術鑑賞教育。美術史等の知識だけでなく、鑑賞者同士のコミュニケーションを通し、美術作品を読み解いていく。

美術館の現状をリサーチする『美術館調査』

日本全国の美術館の現状を「数値で見る美術館の現在」「人と美術館のあいだ」など、多様なテーマで様々な角度から調査。単なる現状調査にとどまらず、そのデータをもとにした分析や報告書の作成も行うフィールドワーク。リサーチのテーマを学生自らが決めていくのも特徴。

京都芸術大学 芸術学部 アートプロデュース学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:yahoo!、P.A.works、MAPPA、東映、電通、Cygames、バンダイ、マツダ、ソニー、カプコン、劇団四季、NHKアート、カリモク家具、オリエンタルランド、美術館学芸員、公務員

京都芸術大学 芸術学部 アートプロデュース学科の問合せ先

京都芸術大学 芸術学部 アートプロデュース学科お問い合わせはこちらへ

〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
フリーダイヤル0120-591-200
nyugaku@office.kyoto-art.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。