京都芸術大学

  • 504人が検討中

情報デザイン学科

京都

世界中にあふれる様々な『情報』をデザインし、現場での実践的なカリキュラムを実施。

募集人数 180
初年度納入金 182~187 万円(入学金20万円含む。分割可能)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

京都芸術大学 芸術学部 情報デザイン学科 のコース

学科・コース名 募集人数
ビジュアルコミュニケーションデザインコース
イラストレーションコース
クロステックデザインコース

京都芸術大学 芸術学部 情報デザイン学科の特長

グラフィックや映像、WEB、VRのデザインを学ぶ「ビジュアルコミュニケーションデザインコース」

本コースでは、ポスターや書籍など紙に関わるグラフィックデザインを学びの基礎としながらも、プロモーション用映像、広告やVRなどのテクノロジー分野でも必要とされるデザインを多分に学ぶことが可能。現実空間と仮想空間が融合する近い未来において、あらゆるフィールドで活躍できるクリエイターを目指す。

イラストを幅広いメディアに展開するスキルと可能性を身につける「イラストレーションコース」

本コースでは、イラストレーションをグラフィック、映像、グッズ・雑貨、ファッション・空間、立体、デジタルコンテンツなど幅広いメディアへ広げるスキルを身につけるため、魅力的な絵を描けるほかに、デザインやデジタルスキルを使いこなし展開する力と企画・アイデアを考える力を養える学びを展開している。

デザインとテクノロジーの掛け算で企画やサービスを生み出す「クロステックデザインコース」

本コースでは、社会の課題を見つけ解決するための仕組みを構築する。豊かなアイデアから企画力を磨き、様々なテクノロジーを組み合わせることで形にできるかを繰り返し検証。人々に届けるためのブランディングやマーケティングを理解し、企画をビジネスとして形にするまでの力を身につけ社会で活躍する人を養成する。

ビジュアルコミュニケーションデザイン:専門性を意識しながら応用技術を修得する授業

新しい商品やイベントをつくる授業では、企業やメーカーと連携し、商品・サービス・イベントの企画を実施。仮想の三次元空間をインターネット上に構築し、展覧会を行うなど未来の社会やテクノロジーを意識した方法にも挑戦。PC・スマホコンテンツをつくる授業では「UI」や「UX」の基礎を学び見せ方や発信まで行う。

イラストレーションコース:雑誌やWEBなどより多様なメディアへ展開する授業

イラストレーションが多用される雑誌に着目し、雑誌「大学二年生」を制作。読者を想定しながら誌面ができるまでのプロセスを体験。また、シルクスクリーンやドローイングなどほかの映像やWEBといったデジタルテクニックを学び他のメディアに展開する方法を身につける授業も行っている。

クロステックデザインコース:企業や自治体の課題を解決する社会に目を向けた制作を実践する授業

実際に企業や自治体からの課題を受け、解決策や企画案を提案する授業。徹底したリサーチ力、アイデアを生み出す力、プロトタイプを仕上げて提案するプレゼンテーション力を修得。授業での学びを生かし在学中から起業など事業に挑戦する学生もおり、教員が積極的に支援を行っている。

京都芸術大学 芸術学部 情報デザイン学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:ヤフー(Z ホールディングス)、電通、住友林業、四季、NHKアート、東宝舞台、ソニー、ダイキン工業、マツダ、アイリスオーヤマ、フェリシモ、バンダイ、コム・デ・ギャルソン、オンワード樫山、カリモク家具、Happy Elements、任天堂、Cygames、京都アニメーション、Ufotable、カプコン、ミネルヴァ書房、長野県文化振興事業団、新潟市歴史博物館

京都芸術大学 芸術学部 情報デザイン学科の問合せ先

京都芸術大学 芸術学部 情報デザイン学科お問い合わせはこちらへ

〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
フリーダイヤル0120-591-200
nyugaku@office.kyoto-art.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。