京都芸術大学

  • 535人が検討中

歴史遺産学科

京都

文化財の保存・修復、調査研究の実践を通じて、「歴史遺産」を守り伝える一員を育む。

募集人数 30
初年度納入金 138 万円(入学金20万円含む。分割可能)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

京都芸術大学 芸術学部 歴史遺産学科 のコース

学科・コース名 募集人数
文化財保存修復・歴史文化コース

京都芸術大学 芸術学部 歴史遺産学科の特長

歴史遺産や文化財の保存・修復方法を研究し、当時の社会や人々の交流を知る

歴史遺産が作られた時代の素材や技法を明らかにし、科学的な知識や先端技術を駆使した保存・修復方法を研究する。また、成分の自然科学的分析から、素材が採取・生産された国や地域、日本に伝えられた経路を推測。歴史を解明し、人々の交流を知るために文化財科学・保存修復の専門技術を学ぶ。

有形・無形の文化遺産を幅広い視点から実地研究し、人間の精神を探る

年中行事や儀礼、能・狂言、舞などの芸能、茶の湯や生け花といった有形・無形の文化遺産を、フィールドワークを通して調査・研究する。また、宗教学・民俗学、文化人類学、都市社会学、建築学、美術史学など幅広い視点を活用。文化遺産が作られた背景や環境を解明し、それに込められた人間の精神を探る。

フィールドワーク重視!現場主義の教育

実物の文化財を対象として教育・研究を実施。社寺、町屋、祭礼などに足を運ぶだけでなく、伝統工芸品の職人を訪ねることも。社寺や地域社会での実践経験が豊富で、幅広いジャンルのエキスパートである学科の教員とともに、学生もフィールドワークや現地調査で経験を重ね、実証的かつ実践的な研究に取り組むことができる。

テーマ別の実践演習

3年次からは歴史文化領域、文化財保存修復領域の領域別のゼミや演習を実施。「乾漆伎楽面の制作」「古文書・絵画の保存修復」「民俗文化財の調査」「寺院の古文書調査」の4クラスで実習を行う。現地に足を運び、文化財についての理解を深める授業は多くあり、自身の研究に活かしていくことができる。

埋蔵文化財の発掘現場に出向く実習や、美術品の保存・修復など、実践的な授業が豊富

「文化財実習」は、埋蔵文化財の記録や公開のため、発掘現場や研究施設などを見学し、現地講師から講義を受ける。「文化財演習」 では掛け軸やふすま等の装こう文化財修復の専門家から、それらの保存修復法を学ぶ。そのほか、京都の年中行事を調査する「フィールドワーク」など、実践的な授業が揃う。

京都芸術大学 芸術学部 歴史遺産学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:yahoo!、P.A.works、MAPPA、東映、電通、Cygames、バンダイ、マツダ、ソニー、カプコン、劇団四季、NHKアート、カリモク家具、オリエンタルランド、美術館学芸員、公務員

京都芸術大学 芸術学部 歴史遺産学科の問合せ先

京都芸術大学 芸術学部 歴史遺産学科お問い合わせはこちらへ

〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
フリーダイヤル0120-591-200
nyugaku@office.kyoto-art.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。