共立女子大学

  • 472人が検討中

被服学科

東京

4つのコース(被服科学、染織文化財、ファッションクリエイション、ファッションビジネス各コース)から「衣」を学ぶ

募集人数 90
初年度納入金 136 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

共立女子大学 家政学部 被服学科 のコース

学科・コース名 募集人数
ファッションクリエイションコース
ファッションビジネスコース
染織文化財コース
被服科学コース

共立女子大学 家政学部 被服学科の特長

繊維の新しい発見を実験を通して見ることができる「被服科学コース」

アパレル製品の品質管理に不可欠な被服材料の性能評価法や繊維から糸、そして布の基本的な性質を実験を通して学ぶことができます。

日本や海外の服装の特徴と歴史的展開を知り、染織文化財にふれられる「染織文化財コース」

染織文化史や染織品の保存修復などを深く学びます。特に「保存・修復」の研究・知見では成果を上げており、大英博物館をはじめ、世界中の機関から染料分析、文化財保存の依頼が寄せられ、その最先端の研究成果をリアルタイムで授業に反映しています。

人体形態と原型の関係やデザイン展開方法等を学ぶ「ファッションクリエイションコース」

洋服や和服を作るための技術はもちろん、衣服の機能性や着心地、伝統技術や文化の継承などについて学びます。またアパレルデザインの発想方法や、商品企画の提案技術などについて実践を通じて学び、幅広い知識と技術、発想力、企画力を磨きます。

化粧品を含めたファッション関連企業のマーケティング等を学ぶ「ファッションビジネスコース」

アパレル・ファッションを科学的にとらえ、経営企画に携わることができる知識と技術を身につけていきます。合理的な販売方法を確立し、適切なマネジメントを実現するための能力を育成。アパレル・ファッション分野を、ビジネス的視点で、実践的に学ぶことができます。

1・2年次は基礎から学び、3年次に将来の方向性に合わせて4つのコース制から選ぶ

1・2年次に被服に関する基本的な知識をすべての領域にわたって学び、「衣」の世界へ羽ばたくためのベース作りを行います。そこで得た知識や技術をベースに、3年次からコース制を採用。将来の方向性にあわせて、更に深く専門領域を学ぶことができます。

教職免許(中高、家庭科)、衣料管理士1級、学芸員、司書教諭の資格取得が可能である

衣料管理士は、消費者の視点でアパレル製品を専門的に分析して企業と消費者を結ぶ専門職として期待される資格です。家庭科の教職は伝統的に多くの教員を輩出しています。卒業後も研究を進めて、近年全国の大学教員になるものが顕著です。被服の保存・修復を修得した学芸員の能力は、内外から注目されています。

共立女子大学 家政学部 被服学科の入試情報

共立女子大学 家政学部 被服学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:青山商事(株)、(株)オンワード樫山、(株)コナカ、(株)コム・デ・ギャルソン、(株)しまむら

共立女子大学 家政学部 被服学科の問合せ先

共立女子大学 家政学部 被服学科お問い合わせはこちらへ

〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-1
入試事務室 TEL 03-3237-5656

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。