駒澤大学

  • 3,001人が検討中

考古学専攻

東京

“モノ”と対話し、人類の歴史を読み解きます

募集人数 35
初年度納入金 119.6 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

駒澤大学 文学部 歴史学科 考古学専攻 の特長

日本と世界の考古学をカバー。学んだ技術を海外や国内の発掘現場で実践します

1年次から少数精鋭で考古学の基礎から日本と世界の各時代の分野まで、各分野の第一線の研究者から学びます。2年次からは、発掘実習の基礎や写真撮影の技術、遺物の実測などを本物の資料を使って学修。3年次に日本や中国の発掘現場で実践します。中国の発掘現場では、現地の学生や地元の方々と交流します

写真・実測・情報の技術を学ぶ「考古学実習」

歴史的遺物から情報を引き出す技術を実践的に学びます。実習は3科目に分かれており、「写真」では発掘された遺物を手早く撮影する技術、「実測」では観察して図面に描く技術、「情報」ではPCソフトを使って編集する技術を学びます。わずかな痕跡から歴史的な事実をひも解くという、考古学研究の基礎を修得します

日本各地の食文化や祭りなどを学ぶ「日本民俗学」

明治以降の近代化により地域に伝わる文化や風習が消えつつあります。この授業では、日本各地に伝わる食文化や祭りなどの年中行事や、暮らしを記述してきた調査事例に学び、民俗学に対する理解を深めます

次のような研究課題や卒論テーマに取り組んでいます

「縄文時代における丸木舟の製作と使用」「出雲地域における弥生時代青銅器の生産と流通」「古墳時代における赤色顔料使用の意味」「武蔵の横穴墓―横穴墓から見る律令制開始期の地域間交流―」「画像石から見る後漢の社会」

考古学の専門知識を生かして、学芸員や調査員を目指せます

卒業生は、一般企業への就職はもちろん、考古学の知識や技術を生かして全国各地の博物館学芸員、地方自治体や教育委員会で地域の埋蔵文化財を調査し活用する専門的な公務員、または民間発掘機関の調査員として活躍しています。さらに社会や地歴の教員を目指す道もあります

中学校・高校教諭、学校図書館司書教諭、学芸員などの資格が取得可能です

卒業に必要な単位と並行し、教育職員免許法で定められた科目の単位を修めると、中学校は社会、高校は地理歴史、公民の教諭免許を取得できます。そのほか博物館、美術館などで資料の収集、保管、展示、調査研究を行う学芸員や、社会教育や福祉業務において、指導や助言を行う社会教育主事、社会福祉主事などの資格も取得可能

駒澤大学 文学部 歴史学科 考古学専攻の入試情報

駒澤大学 文学部 歴史学科 考古学専攻の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:ヤクルト本社、トーハン、みずほフィナンシャルグループ、りそな銀行、かんぽ生命保険、中央労働金庫、エフエム東京、JTBグローバルアシスタンス、横浜市教育委員会、警視庁

駒澤大学 文学部 歴史学科 考古学専攻の問合せ先

駒澤大学 文学部 歴史学科 考古学専攻に関する
お問い合わせはこちらへ

〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1
TEL 03-3418-9048

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。