崇城大学

  • 230人が検討中

工学部

熊本

ナノから空、宇宙まで。好きなことを追求し、豊かな人間力と工学的実践力をバランスよく備えた、グローバルな人材に

初年度納入金:136~246 万円(入学金22万円を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

崇城大学 工学部の特長

最先端の教育・研究環境で、世界で活躍する次世代のエンジニアを養成

人間の暮らしを多面的に支えるものづくり技術者や研究者を数多く輩出。基盤の機械工学と建築学に加え、ナノレベルの超微細技術から宇宙スケールの先端科学技術まで幅広くカバーしています。工学部の教育目標 は、「高い倫理観に基づく豊かな人間力と本物の工学的実践力をバランスよく備えた人材を養成すること」。在学中の起業支援や難関資格を取得するための対策講座も多数開講し、学生を徹底サポート。熱心な少人数教育と世界から注目される先進的研究を結集し、グローバルに活躍できる次世代のエンジニアを育成しています。

爆発による高圧力を利用した材料加工法の研究(機械工学科)

火薬による爆発の力は、すさまじいものです。その威力で金属板を飛ばして他の金属にぶつけてくっつける加工法を「爆発圧着法」といいます。金属を熱などで変質させることなく、従来は接着することが難しい異種金属同士も簡単に強く接着できる方法です。豪快に思えるこの加工法ですが、金属板を斜めに飛ばす角度やパワーのコントロールは繊細で困難。そこで、材料ごとに適した爆発の角度や速度を一つ一つ調べ、より確実に、より難しい金属同士を接着するための研究を行っています。「チタンとステンレス」「アルミと鉄」などを安定的に圧着できるようになれば、金属材料の常識にない機能性を持つ付加価値が高い金属部品も開発できるはず。特に接合が難しいといわれるマグネシウム合金の圧着が実現すれば、「究極に軽くて強い部品」の誕生で、船や車などの大幅な性能アップにもつながります。(森研究室)

科学で環境問題に立ち向かう!(ナノサイエンス学科)

「ゴミ問題の解決」「完全リサイクル」を目指し、マイクロ波加熱を利用した地球資源の有効利用に関する研究を行っています。現在は廃棄バスタブ、PET素材や炭素繊維強化プラスチック、DVDに使われるポリカーボネイト、衣類に使われるポリエステルなどについて完全リサイクルに向けて研究を進めています。いずれも生活に直結している素材からのナノの世界に入るため、「何に役立つか」が明確でやりがいも大きいです。環境分野や分析系に興味を持つ学生が多く所属し、扱いが難しいマイクロ波のコントロールに四苦八苦しながらも、それぞれの目標に向けて根気強く頑張っています。身の回りにあふれる化学物質をナノの世界から理解し、科学の力で“料理”することができるのが、ナノサイエンスの魅力です。(池永研究室)

設計や製図、模型製作など、自分の力で形にできて嬉しい!(建築学科)

中学生から建築に興味があり、一番学びたいことが学べそうと崇城大の建築学科を目指しました。設計や製図、模型作成など取り組む課題も多く、毎日が充実!製図や設計の授業では先生と1対1で、自分の考えを言葉や図面で伝える能力を高めることができています。(中村さん/長崎県・長崎東高校出身)

設計に関わった国産旅客機MRJのフライトに感動!(宇宙航空システム工学科卒業)

「大学で身につけた材料力学や航空機構造設計学の技術・知識は、荷重の伝達や強度計算をする上でとても役立っています。加えて、航空業界に不可欠なのが英語力。大学時代、SILC(英語学習施設)で語学力を伸ばしていたことも大きく活きています。2015年11月11日に、設計に参加した国産旅客機が初めて空を飛び、本当に感動しました。自分が手掛けた機体が空を飛んだ時の達成感は格別!今後も英語での技術検討をより円滑に進められるように英語力を高めつつ、構造設計の知識ももっと向上させて、国産旅客機の実用化に向けて頑張りたいです」。(中菱エンジニアリング(株)近藤さん/宇宙航空システム工学科2014年卒業)

「ものづくり」を通して、熊本から新しいイノベーションを生み出す

「これだ」と思い立った時、すぐに自分のイメージを形にしたい。そんな学生のものづくりへの情熱を支え、伸ばすために、2016年4月に「崇城大学ものづくり創造センター」(SUMIC)を創設。広い敷地内に最新設備が整えられ、起業家育成教育やアクティブ・ラーニングとも提携。いつでも学生が自由な発想でものづくりを実践できる環境です。「組み立て加工スペース」と「機械加工スペース」があり、基本的な工具道具から専門性の高い工作機械がそろっています。学部学科を問わず、安全教育を受けてライセンスを取得すれば、いつでも誰でも創造したデザインを大型3Dプリンター、レーザ加工機などを使ってカタチにする夢も実現できます。

崇城大学 工学部の問合せ先

崇城大学 工学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1
TEL:096-326-6810(入試課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。