慶應義塾大学

  • 10,249人が検討中

経済学部

東京・神奈川

確かな学識とリーダーシップを養い、世界経済をリードする次代の指導的経済人に

募集人数:1200

学科・コース名 募集人数
経済学科

慶應義塾大学 経済学部の特長

経済学科

1890年開設という長い伝統をもちながら、積極的に新しい教育に取り組んでいるのも、慶應義塾大学経済学部の特色です。これまでにも、時代の流れを取り入れながら、思い切ったカリキュラムの見直しを行っています。例えば、国際社会で活躍できる人材を育成するために、英語による経済学教育を行うほか、海外の大学とのダブルディグリー・プログラムを推進しています。また、自分で考えをまとめて世界に発信していく能力を身につけてもらうために、自ら研究テーマを選び1年かけてじっくりと論文を執筆する研究プロジェクトや、2年間にわたり学友と切磋琢磨できる研究会(ゼミナール)などの少人数教育にも力を入れています。

第1・2学年

第1・2学年は日吉キャンパスで学生生活を送ります。マクロ経済学や経済史などを履修し、経済学の基礎理論を学習。並行して「統計学」を学ぶことにより、早い時期から観察データの分析法を身につけていきます。

第3・4学年

第3学年以降は三田キャンパスで経済学を本格的に広げ、深めます。経済学の根幹をなす10分野からなる基本科目と関連科目を履修。また、自分の目標と関心に沿って履修できるのが特殊科目。毎年設置される科目より選択して履修し、卒業論文、英語エッセイの提出、研究成果発表などを行っていきます。

3つの柱

1 研究会(ゼミナール) 専門教育科目の教員が、各々の専門分野について指導する少人数のクラスです。原則として2年間にわたり同じ教員の下で学び、卒業論文を作成します。
2 研究プロジェクト 経済学にとらわれないテーマについて、関連した専門をもつ経済学部専任教員の指導の下、1年間で論文を完成させるコースです。
3 PCP(プロフェッショナル・キャリア・プログラム) すべて英語で開講される少人数クラスの専門教育のコースです。英語で専門知識を学習し、プロジェクト形式の授業を経験。グローバル化の時代に対応した人材を育成します。

経済学部の教育目標

経済学部の教育目標は、経済学の基本原理に対して、しっかりとした知見をもち、そのうえで応用・実践できる能力を養うこと。さらに、経済学だけに特化するのではなく、幅広い領域の学識を身につけた人材を育てることです。そのために、例えば、「経済学を学ぶことで国際的なエコノミストとしてどのように活動できるか」といった、理論を実践へと高めていく能力を開発できる教育を積極的に展開しているほか、さらなるカリキュラムの改革に取り組んでいます。

慶應義塾大学 経済学部の問合せ先

慶應義塾大学 経済学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒223-8521 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
03-5427-1566 入学センター
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
03-5427-1566 入学センター

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。