慶應義塾大学

  • 10,249人が検討中

商学部

東京・神奈川

経営、会計、商業、経済・産業。「現代の産業社会」全般を4つの視点で科学し、時代の一歩先を見通せる組織のリーダーに

募集人数:1000

学科・コース名 募集人数
商学科

慶應義塾大学 商学部の特長

商学科

慶應の商学部では、「商学」の研究対象を「現代の産業社会」全般ととらえているため、非常に幅広い領域に、多様な教育・研究が展開されています。
コアとなる領域は、 1企業活動を経営的側面からとらえる「経営」 2お金の動きから経営活動をとらえる「会計」 3商品の流通過程を研究する「商業」 4企業活動の総体としてのマクロ経済や個々の産業分野を研究する「経済・産業」 の4つに分類され、これらの実践のために、独自の研究教育体制とカリキュラムの有機的な編成をはかっています。
また、教員と学生の距離も近く、個性の伸長をはかり、意欲的で国際性豊かな人材を育成します。

カリキュラム

時代の進展と、経済社会の変化に対応したカリキュラムを実施しています。
<カリキュラムの特徴>
(1)少人数制の演習形式の科目を大幅に増やし、問題発見・解決能力、情報発信能力、コミュニケーション能力などの知的鍛錬を強化します。
(2)外国語科目と総合教育科目を一層充実させ、国際性と豊かな教養を養うことを目指します。
(3)入学後の早い段階から商学部の各専門分野を学べるカリキュラムを編成しています。

Global Passport Program

選抜型の国際プログラム「Global Passport Program」を実施しています。同プログラムは選抜された3・4年生に対し、原則として英語で実施するプログラムです。コースワークやワークショップ、講演会、キャンパス内外で行われるアクティビティなどを組み込みながら、専門性の高い教育プログラムを行うことにより、グローバル社会で必要とされる能力を養い、世界の未来を先導するリーダーを育てることを目指します。

グローバル・ラーニング

商学部の専門分野をグローバルな環境下で学ぶ機会として、夏季にミネソタ大学ビジネススクールで実施する1週間程度の研修を組み込んだ科目を開講しています。

商学部の教育目標

商学部は、慶應義塾の創立100年を記念し、昭和32(1957)年に設立されました。商学部の教育・研究の特色は、「実学」という言葉に象徴されます。「実学」とは、福澤諭吉の実学の精神を継承するもので、「現実の社会現象の解明または実社会での実践のために、合理的・実証的精神に基づいて、既存の知識体系を再構成すること」と定義しています。現実の諸問題を解決するための創造的な発想力を兼ね備えた、時代の一歩先を見通せる組織のリーダーとなる人材を養成することが、商学部の教育目標です。

慶應義塾大学 商学部の問合せ先

慶應義塾大学 商学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒223-8521 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
03-5427-1566 入学センター
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
03-5427-1566 入学センター

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。