国際医療福祉大学

  • 734人が検討中

言語聴覚学科

福岡

コミュニケーションを分析し、適切なアプローチで「ことば」や「聞こえ」の機能を向上させる〈言語聴覚士〉を養成。

募集人数 40
初年度納入金 145 万円(入学金30万円含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 言語聴覚学科の特長

体系化されたカリキュラム

専門基礎科目は1・2年次で、専門科目は1年次から4年次まで段階的に履修し、必要な専門知識・技術・態度などを実践的に修得します。3年次は専門科目に集中し、後期後半には2週間の臨床実習に臨みます。4年次の大部分は臨床実習で、2施設で6週間ずつ実習します。

各分野の第一人者が、最新スキルを直接指導

言語聴覚専門領域はもちろん、基礎となる心理学や耳鼻咽喉科学等にも第一線で活躍する専任教員を配置しています。本大学院の深浦順一教授は日本言語聴覚士協会会長を務めています。また、学生を少人数グループに分け、専任教員がアドバイザーとして学修面から生活面まできめ細かにサポートします。

豊富な関連施設で充実の実習環境

医療福祉系の大学において臨床実習は重要な要素。本学には6つの附属病院をはじめ、全国に臨床医学研究センターという位置づけの関連施設があります。大川キャンパス周辺には、柳川リハビリテーション病院、介護老人保健施設 水郷苑、柳川療育センターなどがあり、低学年からの見学実習など臨床を学ぶには最適な環境です。

就職率は100%

就職活動のポイントは、コミュニケーション能力と社会人としてのマナーです。これは言語聴覚士として重要な資質。学生が自己を磨き、社会で通用する品格が身につくように、また、自身の進路や適性を考えながら、スムーズに就職活動を進められるように支援を行っています。2019年3月卒業生の就職率は100%(就職者数46人)。

全国平均を大きく上回る国家試験合格率

1年次より国家試験を意識した授業を行っています。3年次からは模擬試験を行い、4年次の9月から綿密な計画のもと本格的に取り組みます。成績が伸び悩む学生には教員が個別指導を行うなど、サポートも万全です。2018年度の言語聴覚士国家試験合格率は97.8%(45人合格、全国合格率68.9%)。

最新鋭の設備で充実の学修環境

本学科は、1,600平方メートルのフロアに16室におよぶ最新の言語聴覚演習施設を設置し、最新の機器・設備による充実した演習を行っています。また、最先端の情報システムや、講義室に最新鋭のAV機器を装備するなど、学生が学びやすい環境が整備されています。

国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 言語聴覚学科の入試情報

国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 言語聴覚学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:国際医療福祉大学附属・関連施設、福岡リハビリテーション病院、聖マリア病院、

国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 言語聴覚学科の問合せ先

国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 言語聴覚学科お問い合わせはこちらへ

〒831-8501 福岡県大川市榎津137-1
TEL 0944-89-2000(九州地区入試事務室)
E-mail kyushu-nyushi@iuhw.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。