小学校・特別支援学校コース

岡山

「小学校教諭」と「特別支援学校教諭」養成を中心に、接続期の重要性から「幼稚園教諭」免許にも対応!

募集人数 30
初年度納入金 125 万円(入学金25万円を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

くらしき作陽大学 子ども教育学部 子ども教育学科 小学校・特別支援学校コース の特長

障害のある子どもへの特別支援力を重視したカリキュラム

近年増加している学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)などの軽度発達障害がある子どもに対し、適切な対応ができるよう、特別支援学校教諭のカリキュラムを用意。現場経験豊富な多くの教員による熱心な指導で、子ども一人ひとりの個性に対応した実践力のある小学校教諭、特別支援学校教諭を育成します。

教育現場が求める「音楽に強い」教員を育成します

音楽学部を擁する本学ならではの強みを活かし、恵まれた音楽環境で専門教員が学生一人ひとりのレベルに合わせた指導を展開。個人レッスンで初めてピアノに触れる学生も基礎からしっかりと学べる指導体制です。入学時、片手の練習から始める方も、4年後には小学校の音楽の教科書にある楽曲を演奏できるようになります。

特別支援教育の専門家が実践力のある人材を育成

約5000件の相談を担当してきた特別支援教育コーディネーターなど、専門領域を持つ教師陣が授業を担当。豊富な経験をもとに展開する授業を通じて、生きた現場を学べる環境が魅力です。全国でも数少ない保育現場での特別支援教育でも、きめ細かい指導を行っています。

県内外の公立小学校・特別支援学校へ採用者を輩出

入学時より段階を追ったきめ細かなプログラムにより子ども教育の理論と実践を身につけ、教員採用試験合格へ導きます。2020年4月採用の公立小学校・特別支援学校教員採用試験現役合格者はのべ15名(2019年12月24日時点)。本学のある岡山県のほか、広島県、島根県、愛媛県など県外での採用者も輩出しています。

「小学校教諭」と「特別支援学校教諭」に加え、「幼稚園教諭」の免許取得も可能

幼児教育と小学校教育を滑らかに繋ぐ「幼小連携」の取り組みに注目が集まっています。幼児期の年長~小学校低学年の「接続期」について子どもの発達から学びまで理解を深め、多様な子どもたち一人ひとりに適切な対応ができるよう、小学校教諭・特別支援学校教諭を基本に「幼稚園教諭」免許取得にも対応しています。

地域との連携を基軸とする「特別支援教育ラボ」。子どもと触れ合い、必要な支援を実践・研究

2015年に学内に「特別支援教育ラボ」を設立。教師や保育士を目指す学生が、障害のある子どもへの特別支援教育をはじめ、幼児・学校教育の在り方を実例から研究する場です。地域と連携し、実践冊子の作成や事例検討会を行ったり、子どもへの直接的な指導や支援を行ったり、企画運営力、実践力、研究力を身につけます。

くらしき作陽大学 子ども教育学部 子ども教育学科 小学校・特別支援学校コースの問合せ先

くらしき作陽大学 子ども教育学部 子ども教育学科 小学校・特別支援学校コースに関する
お問い合わせはこちらへ

〒710-0292 岡山県倉敷市玉島長尾3515
フリーアクセス 0120-911-394(入試広報室)
E-mail nyushi.sakuyo@ksu.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。