桜美林大学

  • 864人が検討中

芸術文化学群

東京

2020年4月、東京ひなたやまキャンパス開設。演劇・ダンス・音楽・造形デザイン・映画を幅広く学ぶ

募集人数:400

桜美林大学 芸術文化学群の特長

柔軟かつ主体的な学び

演劇・ダンス、音楽、ビジュアル・アーツの3専修からなり、各専修とも基礎から専門的なレベルまで第一線で活躍する教員からきめ細かに学ぶことができます。さらに、3専修の内容を広く関連付けながら学ぶことで、ジャンルを越えた知識・技術が必要とされる芸術の世界で表現力を磨くことができます。

専修紹介

■演劇・ダンス専修 <演劇>演劇・ダンスから照明・音響などのスタッフワーク、さらにプロデューサーなどの実務を身につけるほか、海外演劇も網羅し、理論と実践の両面から学びます。また、学内のイベントの企画運営を通してプロデュース業務が学べるのも特徴です。 <ダンス>本学ではダンスを演劇教育の領域のすぐ近くに配置し、単なる身体表現の訓練にとどまることなく、演劇的な言葉の世界をあわせて学ぶという独特な環境のもとで展開します。日常的な無意識の動作を見直し、自分の身体と意識的に向き合っていきます。
■音楽専修 声楽・ピアノ・器楽・キリスト教音楽などの6つの専門分野を設置し、学生は自らの関心や能力、将来のビジョンによって専門とする分野を選択、それを中心に他の分野にもアクセスし、自分のカリキュラムを組み立てます。
■ビジュアル・アーツ専修 従来の芸術教育の枠にとらわれず、ファインアート(西洋画、日本画、染織、陶芸)、デザイン(グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、工業デザイン)、映画・映像・アニメーション(ドラマ、ドキュメンタリー、アニメーション、3DCG)など、様々な制作活動を通して、学生一人ひとりの個性と可能性を引き出し、プロの表現者を養成します。

海外研修

例えば、シェイクスピアの故郷イギリス・ストラトフォードを訪問、ヨーロッパなどでのコンサート鑑賞・レッスン受講、イギリス・バーミンガム大学での美術研修などを実施。芸術文化学群ならではのプログラムです。

活発な作品発表の機会

OPAP(桜美林大学パフォーミングアーツプログラム)では、毎回プロの演出家・振付家がプロデュースし、学生がキャスト・スタッフをつとめ、本学が誇る最先端の機能を備えた劇場で演劇やダンスの公演を行っています。

桜美林大学 芸術文化学群の入試情報

桜美林大学 芸術文化学群の問合せ先

桜美林大学 芸術文化学群に関するお問い合わせはこちらへ

〒194-0032 東京都町田市本町田2591-3、2600-4
042-797-1583 

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。