経営学科

北海道

現場を知り、主体性と戦略的思考を身につけ、経営を軸としたあらゆるビジネスシーンで即戦力となる能力を磨く

募集人数 120
初年度納入金 107.4 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

札幌学院大学 経営学部 経営学科の特長

現場での実践経験でマネジメント能力を磨き、経営を軸としたビジネスのプロを育成する

インターンシップや商学調査実習などの、前身の商学部時代から実践してきた「現場で学ぶ、現場から学ぶ」という伝統を継承し、企業の実態を学ぶフィールド実践が本学科の授業の中心。会社の仕組みをリアルに知ることができます。主体的に仕事ができ、現代ビジネスに必要なマネジメント能力を身につけた人材を育成します。

カリキュラムの中心は、興味・関心を自ら学ぶ「実践教育」

大きな特徴は、地域の企業や自治体、非営利組織などと連携し、学生が主体的に学ぶ「フィールド実践科目」がカリキュラムの中心にあること。25年にわたる商学部時代の調査実習教育をベースに、現場では「何が起きているのか」「何が必要なのか」を体感することができ、知識とスキルを統合する生きた力が身につきます。

経営的課題解決のためには欠かせないITやメディアの知識とスキルも習得

ビジネスではもちろんのこと、現代社会では最低限のITの知識とスキルが必須です。本学科では、単なるITのスキル習得に止まらず、データ解析などの知識やインターネットなどのメディアの活用法なども学ぶことで、企業が抱える経営的な課題解決に活用できる能力も育成。ビジネスに対する戦略的思考の向上も図ります。

目指す企業の内定を勝ち取る! 就職活動の準備をサポートする体制も万全

3年次の2月から本格的にスタートする就職活動。本学科の3年次後期の配当科目に設置されている「キャリアマーケティング」は、この就職活動の準備に取り組むための授業です。学科ならではの業界分析方法、経営学理論から、自己紹介書やエントリーシートでの差異化の方法などを専門的に学び、希望企業の内定を目指します。

実践経験で磨かれたセンスと知識を武器に、さまざまな職種での活躍が可能

企業の実態や組織について深く学び、実践教育を通じビジネス社会の現実問題について自分で考える訓練を重ね、主体的に仕事ができる能力が身につく経営学科。将来は、一般企業はもちろん、起業家やコミュニティの経営者、ITのコーディネータ、そして高等学校の教諭(商業)など、幅広い業界・職種で活躍が期待できます。

エクステンション講座の各種資格取得対策講座を利用し、レベルアップ

高等学校教諭免許状【商業】<国>の資格取得が可能。また、学内のエクステンション講座で、ビジネス能力検定やITコーディネータ、販売士などの資格取得が可能です。そのほか、各種パソコン資格やさまざまな資格取得対策講座を受講することで、将来の武器となる資格を目指すことができます。

札幌学院大学 経営学部 経営学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:北海道セキスイハイム株式会社、株式会社アイティ・コミュニケーションズ、株式会社ロジネットジャパン、ブリヂストンタイヤジャパン株式会社、株式会社モロオ、サントリービバレッジサービス株式会社、株式会社ツルハ、札幌日産自動車株式会社、株式会社ローソン、イオン北海道株式会社、北海道キヨスク株式会社、北見信用金庫、株式会社北洋銀行、第一生命ホールディングス株式会社、株式会社カナモト、日本郵便株式会社、株式会社北日本広告社、株式会社ペイロール

札幌学院大学 経営学部 経営学科の問合せ先

札幌学院大学 経営学部 経営学科お問い合わせはこちらへ

〒069-8555 北海道江別市文京台11番地 広報入試課
TEL:0120-816-555
nyusi@ims.sgu.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。