鹿児島純心女子大学

  • 64人が検討中

看護栄養学部

鹿児島

「看護師」「管理栄養士」を目指し、高い専門性と豊かな人間性を育みます

初年度納入金:139.5~172 万円(学科により入学金・授業料等が異なる/ともに学外実習費等は別途)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
看護学科 45
健康栄養学科 40

鹿児島純心女子大学 看護栄養学部の特長

看護学科

看護者には、専門的知識だけではなく、深みのある人間性や幅広い視野に基づく柔軟な思考力が求められます。そこで本学科では、生命と人格の尊厳を基盤とした倫理観と科学的根拠に基づいた看護を実践できるような科目を設置。看護に関する専門科目に加えて、将来の国際的視野を見据えて専門用語などを学習する外国語科目も用意し、海外研修の機会も設けています(国際情勢により、実施できない場合もあり)。また、人の生と死に携わる看護者にふさわしい豊かな感性と知性を育むためには、学生一人ひとりが生命の尊厳に関わる責任感を自覚することが望まれます。人がその人らしく最期まで生き生きと暮らしていけるような“看とりの看護”を学びながら、人間の生き方に対する思索を深め、看護の基本である人間愛と洞察力を身に付けます。

健康栄養学科

鹿児島県唯一の管理栄養士養成施設として、一人ひとりの健康維持に貢献し、国民健康の要となるための高い専門性と豊かな人間性を備えた管理栄養士を養成します。
今、社会が抱えている健康・医療・福祉などの様々な問題に的確に対応できるような専門教育科目を用意し、さらに「いのち・食」について考える科目も取り入れています。建学の精神であるカトリック精神に基づく人格教育に沿い、乳幼児から高齢者まで、特に弱い立場の方々に寄り添いながら、「食」を通じ、人間の「いのち」に深く関わる、心と体の両面からケアできる多様な知識と豊かな人間性を養います。そして管理栄養の観点から欠かせないチーム医療のスタッフとして、また食生活の大切さを指導できる管理栄養士としてしなやかで実践力のある、社会に貢献できる女性を目指します。

看護学科_主な授業

■看護入門
看護とはどんな仕事をするのか、どんな人生に挑戦することができるのかを考え、看護の具体的なイメージを描きます。そして、看護という仕事に対する共感や洞察力を深めます。

■老年看護学概論
看護の対象の中でも特に高齢者に焦点をあて、必要な看護について考えていく科目です。高齢者の心身の変化や発達課題、高齢者を支える保健医療福祉制度などについて学びます。

■保健指導技術論
保健師活動のための公衆衛生看護支援技術を学びます。家庭訪問や健康相談、健康教育などの講義や演習を通して、対象者の健康課題解決を支援するための実践方法を学びます。

健康栄養学科_主な授業

■健康管理概論
管理栄養士は個人を対象とした栄養指導の他に、地域や会社で働く人たちの健康を守るという役割もあります。関連法規や集団への栄養指導方法、研究方法などを学びます。

■調理学実験
調理を実際に体験して実証したことを通じて、科学的な知識を得る過程で「なぜ?」「どうして?」という好奇心や探求心を持つことが大切です。毎回、身近な食べ物をテーマにその答えを見つける取り組み方、思考力をトレーニングする実験をしています。

■公衆栄養学実習
地域集団の健康、栄養に関する課題を把握し、その問題を解決するために目的・目標を明確にし、公衆栄養プログラムの作成、評価の方法など実践を通して学びます。

「先生・先輩方との距離が近く、疑問や悩みもすぐ相談できます」

少人数教育と資格選択の幅広さに魅力を感じ、純大を選びました。本学では看護の専門的な知識・技術だけではなく、看護を受ける人の立場に立った“看護のこころ”を学び、人間性を育みます。実習では科学的根拠に基づく看護を実践するために、先生方が一人ひとりに丁寧でわかりやすいご指導をしてくださいます。また、先生や先輩方との距離が近く、試験や実習、将来のことで不安や悩みがあってもすぐに相談でき、安心した学生生活を送ることができます。
私は将来、保健師になって地域の方々の思いを大切にし、誰もが安心して暮らすことのできる地域づくりを行うことが夢です。皆さんもなりたい自分になれる純大で、一緒に看護を学びませんか?(看護学科 Y.Mさん)

「プロフェッショナルな先生方から学べ、様々な設備が充実しています」

私は、スポーツを通して食が人の体に影響することを実感し、私の力でその人を健康にできたり、運動能力を高めたりできる管理栄養士になりたいと思い、健康栄養学科に入学しました。多くの実験・実習によって、講義で学んだことへの理解がさらに深まります。調理実習ではなかなか作らない料理ができることがとても魅力的に感じます。様々な設備、プロフェッショナルな先生方、同じ目標を持ち協力し合える仲間と、学習環境が整っていて学びの意欲も高まります。将来は、一人ひとりに寄り添い、その人のニーズに合った食事を考えられる管理栄養士の仕事に就きたいと思います。(健康栄養学科 Y.Mさん)

看護学科_卒業生の声

小児専門病院の看護師として、医師の診療補助や、点滴・採血または吸入吸引などの処置、保清などの看護ケアを行っています。地域に密着した病院であり、外来と病棟の両方で勤務するため、外来受診から入院中まで継続した看護が行えます。純大を志望した理由は、看護師だけでなく保健師、養護教諭などの資格が取得でき、将来の選択肢が広がると思ったからです。カトリック精神に基づいた純大ならではの科目もあり、相手の気持ちに寄り添う人間性と感性が育ちます。また、女子大学だからこそ女子同士の絆も強く、大切な仲間たちと楽しく、時にはつらいことも一緒に乗り越えることができました。そんな鹿児島純心女子大学で、充実した大学生活を楽しんでみませんか。(C.Eさん/看護師)

小学校の養護教諭として、こどもたちの応急処置はもちろんのこと、健康診断の準備や健康教育など、学校全体の保健に関わる業務に広く携わっています。純大を志望した理由は、高校時代に講師としていらした純大の先生の話に深く感銘を受け、こんな先生がいらっしゃる大学で看護を学ぶことができれば、こどもたちに心から寄り添える養護教諭を目指せるのではと思ったからです。先生方が学生一人ひとりを丁寧に指導してくださるので、相手を思いやる気持ちや、寄り添う心の大切さを学ぶにはぴったりの大学です。大学での学びは今の学校現場で、広い視野を持ち、丁寧にこどもたち一人ひとりに寄り添う姿勢に活かすことができています。(M.Tさん/養護教諭)

健康栄養学科_卒業生の声

鹿児島県内唯一の管理栄養士養成施設であり、高校3年生で参加したキャンパスツアーや大学祭で、学習環境や学生の雰囲気に触れて魅力を感じ、進学を決めました。現在私は、総合病院で栄養管理業務やカンファレンスへの参加、栄養指導業務などを行っています。在学中に学ぶ専門的な講義と各種実習で培った知識や経験があるからこそ、チーム医療の一員となれていることを感じています。就職活動は不安でいっぱいでしたが、学科の先生方、進路支援課の皆様から手厚いサポートをいただき、安心して取り組めました。これも純大の魅力の一つです。大学で出会った仲間と共に様々な経験をして、一歩ずつ自分の夢に向かって進んでください。応援しています。(Y.Kさん/管理栄養士)

小学校で栄養教諭として、給食管理や食に関する指導を行っています。様々な分野で活躍する「栄養士」に興味を持ち、県内唯一の管理栄養士養成施設である純大へ進学を決めました。国家試験と教員採用試験の両立は大変でしたが、「少人数制」のおかげで、先輩や先生方からのアドバイスも受けやすく、国家試験には現役で無事合格することができました。卒業後、2年間の臨時的任用教員を経験しましたが、学生時代の日々の積み重ねの勉強が基礎となり、採用試験合格に繋がったと思っています。諦めずに頑張ってきて良かったと思いました。時間に余裕のある学生時代に、色々なことに挑戦して、先生方や仲間との出会いを大切に、日々のキャンパスライフを楽しんでください。(E.Hさん/栄養教諭)

キャリア支援

体系的なカリキュラムのもと、“一人ひとり”を大切にする指導で、1年次から充実した就職・進学支援を行い、就職や進学に対して自信を持って臨めるようにキャリア支援を行っています。■1年次/進路ガイダンス、企業見学ツアーなど■2年次/マナー講座(メイク)、インターンシップ事前研修など■3年次/インターンシップ、個別面談、卒業生と語る会など■4年次/面接練習、応募書類添削、教員採用試験対策など

充実したキャリア教育、丁寧な個別指導、心強い学生生活サポートにより、毎年100%の就職実績を収めています。2020年3月卒業生の就職率100%(就職者数110名)、2019年3月卒業生の就職率100%(就職者数101名)

鹿児島純心女子大学 看護栄養学部の問合せ先

鹿児島純心女子大学 看護栄養学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒895-0011 鹿児島県薩摩川内市天辰町2365
TEL/0996-23-5311

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。