鹿児島純心女子大学

  • 35人が検討中

人間教育学部

鹿児島

2019年4月始動! 実践的指導力を有する教員や保育者、学校教育に有為な心理専門職の学びが貴女の未来も輝かせます

初年度納入金:124.5 万円(学外実習費等は別途)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
教育・心理学科 85

鹿児島純心女子大学 人間教育学部の特長

教育・心理学科

学校現場に求められる新しい仕組み「チーム学校」をコンセプトに3つのコース・専攻を設け、自身が描く将来像に合わせた専門的な学びを深めます。

■児童生徒教育コース
小学校教諭や中学校(英語)・高校(英語)、特別支援学校教諭など、それぞれの教育課程を一貫して指導できる教員を目指す学生のために教育学の分野をより専門的に学びます。また、英語の専門性を深めたい学生に対しては、小学校から高校まで見通した英語の指導力を身に付けられるよう育成します。

■こども発達コース
保育士、幼稚園教諭の資格取得に加え、特別支援の領域や心理学を学びます。心理学と教育学・保育学を共に学びながら、「心のケア」のできる教育者・保育者を育成します。

■心理・文化専攻
国家資格である「公認心理師(※)」受験資格の取得を目標とし、心理学を中心に学びます。「チーム学校」に関するカリキュラムの他に、文化や語学の分野も同時に学ぶことができるため多面的な力が身に付きます。

※「公認心理師」の国家資格受験資格を得るためには、卒業後2年以上(標準3年)の実務経験または大学院の修了が必要となります。

教育・心理学科_主な授業

■チームとしての学校論
チーム学校の理論と事例を学ぶことで、教員が多様な専門性を持つ人材と効果的に連携・協働し、他の専門職や地域住民とともにチーム学校として教育課題に対応することの意義や方法を理解します。

■児童英語
小学校3・4年生では「外国語活動」が週に1時間、5・6年生では教科として「外国語」(英語)が週に2時間位置づけられています。それらを楽しく自信も持って指導できるように、この科目では小学校の授業で使う教材の言語活動を実際に体験しながら、小学生に英語を教える教員としての資質を高めます。

■子育ての原理
「子育て」の現状を、教育学的に分析・考察する力を養うことを目的にしています。家庭だけでなく、保育所や幼稚園、学校、地域社会における「子育て」を視野に入れ、そもそも「子どもを育てる」とはどういう営みであるのか、「子どもを育てる」制度はどのようになっているのか、よりよく「子どもを育てる」ためにはどのような方法、実践が求められるのかなど、具体的な事例や研究成果をもとに考察を深めます。

■特別支援教育概論
特別支援教育とは、「支援ニーズに応じる」「支援方策と展開」「能力を高める」といった、個人の状態に合わせたオーダーメイド教育のことです。この科目では、一人ひとりの教育的ニーズを的確に把握し、適切な指導や必要な支援を行うための基本的な考え方を学びます。そして、多様な関係者によるチームアプローチを大切にして、障がいの有無にかかわらず、すべての子どもに対してより有効で普遍的な教育について学修します。

■心理学的支援法
かけがえのない大切な「私(我)」とかけがえのない大切な「あなた(汝)」との関係の中で、病み、悩み、苦悩する人の心が、ホッとあたたかくなるような、そして、自分らしくいられるような支援について、臨床心理学の視点から学んでいきます。

■対照言語学
対照言語学は、異なる二つの言語をいろいろな視点から比較し、相違点や共通点を明らかにしていく研究分野です。言語学習や言語教育に役立てられるように、主に英語と日本語を比較することによって、英語についての言語学的な知識を増やすと共に、普段は意識する機会が少ない日本語について理解を深めることを目指します。

■教職フィールドワーク
年間60時間以上、学校現場に赴き、周辺的な校務に携わります。学校教育の実際を体感すると共に、受け入れ校の教育活動への一助となる実践力、行動力を身に付けることを目的とします。教師の仕事に対する使命感、必要な教養、コミュニケーション能力や対人関係力、教員の在り方について自ら学び取る力を養います。

取得できる資格

小学校教諭一種免許状<国>、中学校教諭一種免許状(英語)<国>、高等学校教諭一種免許状(英語)<国>、特別支援学校教諭一種免許状<国>、幼稚園教諭一種免許状<国>、保育士<国>、学芸員<国> 他
※選択したコースにより取得できる資格には組み合わせがあります。

チーム学校の推進、義務教育学校の制度化、英語教育の強化などのニーズに対応!

現在、教育課題が複雑化・多様化している学校では教員養成政策上の様々なニーズがあり、チーム学校の推進、義務教育学校の制度化、英語教育の強化、幼児教育の充実、学校種間の連携、特別支援教育の充実などが求められています。
本学科では、幼稚園、小学校、中学校(英語)、高等学校(英語)、特別支援学校の各教員免許状課程および保育士の資格課程を設置し、乳幼児から高校生までの教育についての学びを修め、複数の免許・資格を取得することで、これらのニーズに応えていきます。また、チーム学校に必要となるスクールカウンセラーを目標に心理専門職を養成します。
教育・心理学科では、「チームとしての学校論」「教職論」「教育原理」を必修化するなど、教育学を中心にして、保育学、心理学、言語学など幅広い学問を学ぶことで、豊かな教養の上に学校教育に関する深い知識を身に付けると共に、3つの分野においてそれぞれの専門となる学問を深め、学校教育を内外から支える力を身に付けていきます。また、心理・文化専攻から大学院へ進み、国家資格である公認心理師を目指すことも可能です。

「チーム学校」に対応する人材を養成します

人間教育学部は、建学の精神に基づき広い視野と豊かな人間性を育み、「チーム学校」の理念のもと、教員、保育士、公認心理師などの養成を通して幅広い人間教育を行います。そして、広く社会の教育・対人援助の分野で貢献できる高度な専門的知識と実践的な指導力を備えた人材を養成します。学校教育において要求される高度な専門性を持った教員の養成を行うとともに、「チームとしての学校づくり」の中核をなす高い専門的知見を備えた心理専門職の養成も目的としています。さらに、多種多様な専門職・機関および地域との連携・協働に優れたリーダーシップを発揮し、学校教育を内外から支える力を身に付けた人材の養成を目指します。

鹿児島純心女子大学 人間教育学部の問合せ先

鹿児島純心女子大学 人間教育学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒895-0011 鹿児島県薩摩川内市天辰町2365
TEL/0996-23-5311

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。