電子情報システム学科

埼玉

ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークの幅広い知識を学び、3要素全体を見渡せる能力を磨く

募集人数 115
初年度納入金 169.71 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

芝浦工業大学 システム理工学部 電子情報システム学科の特長

情報系の科目を大幅に拡充。より高度なプログラミング技術を修得できる体制に

コンピュータの中枢となるLSI設計からそれを動かすソフトウェア設計、情報処理や情報伝達技術までをカバー。パソコンやワークステーションを利用した実験・実習によって、講義で得た知識を実践的に深めていく授業方法を採用している

プロジェクトに必要な幅広い知識やコミュニケーション力を養う

ソフトウェア、メディア・ネットワーク、ハードウェア分野の科目をバランスよく配置し、1年次から先端技術の基礎を学ぶことで広い裾野を持った専門知識を習得。また、システムアプローチやプロジェクト推進のためのコミュニケーション能力・倫理観を兼ね備えたエンジニアになるための応用力を養うことができる

システム思考を育てるのに重要な総合科目群

本学部ならではの授業、総合科目1「創る」はほとんどの学生が選択する人気科目。学科の枠を超えた混成チームで自由なテーマに沿ってモノづくりを行う。コミュニケーション力が問われ、かなりハードだが、やり遂げたときの喜びは大きい。自主性と創造性、協調性が育まれ、総合的解決策を追究するシステム思考が身につく

複雑な問題を簡単に解くため、コンピュータをもっと賢くするソフトウェアの研究も

情報化社会に対応するため、ハードウェアとソフトウェアの両面から支援する研究室を設置。在宅学習・勤務を可能にするマルチメディア通信や超音波を用いた計測に関する研究、ニュートリノなどの宇宙線の解析、LSI設計なども行っている

17万平方メートルの広大な敷地。緑豊かな大宮キャンパスで学ぶ

さいたま市にある大宮キャンパスでは、システム理工学部全学年と、工学部・デザイン工学部の1・2年生が学ぶ。2016年4月に、学生同士の海外交流やダイバーシティ拡大をコンセプトとした施設「グローバルラーニングコモンズ」がオープン。体育館や多目的コートがあるなど課外活動を支える施設も充実している

学生一人ひとりに配慮した独自の制度「SAFEシステム」で経済的負担を軽減

より充実した学生生活を送れるよう、学生一人ひとりに配慮した独自の制度が「SAFEシステム(芝浦工業大学学生総合保障制度)」。費用を大学が全額負担する保険のほか、経済的負担を軽減してくれる奨学金制度も充実。自活支援奨学金、国外研修奨学金、語学研修支援奨学金など目的に応じた各種の後援会奨学金をそろえる

芝浦工業大学 システム理工学部 電子情報システム学科の入試情報

芝浦工業大学 システム理工学部 電子情報システム学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:富士ソフト、東日本旅客鉄道、日立製作所、エヌ・ティ・ティ・データ、本田技研工業、Sky、NTTデータ・ビジネス・システムズ、日本電気、伊藤忠テクノソリューションズ、日本ヒューレット・パッカード

芝浦工業大学 システム理工学部 電子情報システム学科の問合せ先

芝浦工業大学 システム理工学部 電子情報システム学科お問い合わせはこちらへ

〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5
TEL03-5859-7100(入試部入試課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。