芝浦工業大学

  • 2,273人が検討中

機械工学科

埼玉・東京

材料、熱、流体、設計、制御系統はもちろん、環境・エネルギー工学や血管、血液などの生体内輸送工学も学べる

募集人数 115
初年度納入金 169.71 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

芝浦工業大学 工学部 機械工学科の特長

力学中心に全産業と関わる工学の基幹分野を学ぶ

専門科目群は流体系、熱・エネルギー系、材料系、設計・加工系、振動・制御系、応用領域系の6系列に大別。高学年になるに従い、体験科目やゼミナールを重点的に配置している。特に応用領域系では「メカトロニクス」「先端材料工学」「航空宇宙工学」など、高度な技術開発が期待されている分野の科目も開講

機械工学の基本的技術を「機械ゼミナール1」で身につけられる

機械や構造物を安全に運用するために必要な[材料力学]、自然界の物理現象を工学的視点からアプローチする[熱力学]、自分で考え行動する力を養う[機械ゼミナール]などがコア科目である。特に、工学の研究を進める上で不可欠な情報収集、加工機械の取り扱い、数値処理などの技術を身につける[機械ゼミナール1]は特徴的な科目

生活科学に向けた光技術やミクロな世界で活躍する医用・バイオ工学などを研究する多彩な研究室

可視光から赤外線まで、広い波長範囲でふく射(光電磁波)の伝播問題を扱う「光エネルギー工学研究室」の研究は、肌を明るく見せる化粧品に応用されている。その他、細胞が有する未知なる機能の解明や細胞レベルの治癒を目指した工学的なアプローチを行う「細胞デバイス研究室」など、多彩な研究室がある

さまざまな「ものづくり」の現場で活躍できる

機械工学は、日を追うごとにその研究対象を広げており、すべての「ものづくり産業」と密接に関係しているといっても過言ではない。従って、機械工学科の卒業生たちは、自動車や電機、鉄道、精密機械、工作機械、建設機械、プラント、情報機器など、さまざまな分野の企業でも活躍が期待されている

学生一人ひとりに配慮した独自の制度「SAFEシステム」で経済的負担を軽減

より充実した学生生活を送れるよう、学生一人ひとりに配慮した独自の制度が「SAFEシステム(芝浦工業大学学生総合保障制度)」。費用を大学が全額負担する保険のほか、経済的負担を軽減してくれる奨学金制度も充実。自活支援奨学金、国外研修奨学金、語学研修支援奨学金など目的に応じた各種の後援会奨学金をそろえる

芝浦工業大学 工学部 機械工学科の入試情報

芝浦工業大学 工学部 機械工学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:東海旅客鉄道、本田技研工業、日本発条、NOK、日産自動車、三菱電機、SUBARU、パナソニック、京セラ、ヤマハ発動機

芝浦工業大学 工学部 機械工学科の問合せ先

芝浦工業大学 工学部 機械工学科お問い合わせはこちらへ

〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5
TEL03-5859-7100(入試部入試課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。