芝浦工業大学

  • 2,264人が検討中

機械機能工学科

埼玉・東京

機械をデザインする力を養う創成科目や、自ら設計したモノを実際に作る実践学習などにより、技術力を高めていく

募集人数 115
初年度納入金 169.71 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

芝浦工業大学 工学部 機械機能工学科の特長

応用・体験教育を中核とする構成で、学生の自主性を喚起する自己学修型

設計・実験・見学・研究活動を中心に、「モノとの対話」を重視した実践教育を行っている。エンジニアとしての専門教育だけでなく、豊かな人間性と創造性、目的意識を育むことに注力。4年次は卒業研究に専念するため、必要単位は3年間で修得するのが望ましい。少人数による対話型双方向教育で卒業研究を効果的に展開

設計して形にする総合科目群

「実学志向」を体現する総合科目群を3年間を通して配置。また、21世紀の技術変化に対応するため、電気・電子など他の領域を取り込みながら、物理、化学、統計学などの科目群も導入している。力学に情報・エネルギー系の分野も加えた、新しい機械工学を学ぶ

白紙の状態からエンジンを設計していく「機械創成設計演習」等の授業もある

1年次には機械の解体とそのスケッチ、CADを学習。2年次で機械の設計を行い、3年次の「機械創成設計演習」では小型スターリングエンジンをミニカンパニー制度のもと実際に設計・製作する。また、技術の必要性を理解し、学習の目標をしっかり設定してもらうため、工場見学や見本市にも出かける

研究分野が幅広く、体験型を実践

1研究室8~10人の少人数制なので、教員と学生のつながりは極めて親密。また、研究室対抗試合やゼミ合宿は、毎年恒例の行事となっている。研究分野は、ナノ・マイクロ分野、マテリアル科学分野、生産プロセス・加工システム技術分野、機能制御機械分野、エネルギー・環境分野の5系列で構成

学生一人ひとりに配慮した独自の制度「SAFEシステム」で経済的負担を軽減

より充実した学生生活を送れるよう、学生一人ひとりに配慮した独自の制度が「SAFEシステム(芝浦工業大学学生総合保障制度)」。費用を大学が全額負担する保険のほか、経済的負担を軽減してくれる奨学金制度も充実。自活支援奨学金、国外研修奨学金、語学研修支援奨学金など目的に応じた各種の後援会奨学金をそろえる

芝浦工業大学 工学部 機械機能工学科の入試情報

芝浦工業大学 工学部 機械機能工学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:スズキ、いすゞ自動車、東日本旅客鉄道、東海旅客鉄道、本田技研工業、日野自動車、アルファシステムズ、NSD、日立パワーソリューションズ、日立製作所

芝浦工業大学 工学部 機械機能工学科の問合せ先

芝浦工業大学 工学部 機械機能工学科お問い合わせはこちらへ

〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5
TEL03-5859-7100(入試部入試課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。