経済と社会コース

埼玉

企業と地域社会を支える人として不況や円高などの現代社会の課題とその対策を学びます

募集人数 210
初年度納入金 127.5 万円(入学金20万円、授業料73万5000円、施設費30万円、課外指導費1万5000円、諸会費2万5000円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

駿河台大学 経済経営学部 経済経営学科 経済と社会コース の特長

経済学を手がかりに、金融不安、環境変動、エネルギー危機、福祉などにアプローチ

現代の社会では、慢性的な円高、世界的な金融不安、地球規模の環境変動、エネルギー危機、福祉などのさまざまな問題が起きています。こうした問題を解決するためには、国家や自治体だけではなく、企業や地域も行動を起こさなければなりません。本コースでは経済学を手がかりにして、こうした諸問題にアプローチします

現代社会の問題解決のための提案が積極的にできる人材を育成

社会のさまざまな状況を適切に分析する技術や知識を習得し、問題解決のための提案ができる積極的な人材を育成。経済学を中心としながら、環境・福祉など現代社会に関連した幅広い分野について学ぶことができるのも本コースの大きな特長です

自律的・自立的な学び方を身につけるため初年次教育が充実

1年次より演習科目が必修となり、少人数のクラスで、大学における能動的かつ自律的・自立的な学び方を身につけます。また、プロジェクト型授業やインターンシップ制度、ボランティア活動など、実践力を高める取り組みがたくさん用意されています

少人数での情報通信技術(ICT)教育、体系的なキャリア教育で就職力をアップ

変化の激しい現代社会に対応できる人材、地域社会で活躍できる職業人の育成を目標としている経済経営学科。少人数での情報通信技術(ICT)教育、体系的なキャリア教育などを推進し、就職力のアップをサポートします。本コースでは、メーカー、商社、流通、公務員、金融、NPO、NGO、サービス業などの分野で活躍が期待されます

最新コンピュータ施設メディアセンターをフル活用し、IT技術も磨こう

最新設備を完備した「メディアセンター」は、図書館・情報センター・博物館の機能を統合した施設。ここでは、膨大な蔵書や映像資料をコンピュータで検索、情報収集したり、インターネットを自由に使用したりすることができます。日本有数の情報施設をフル活用して実践的なIT技術を修得できます

駿河台大学 経済経営学部 経済経営学科 経済と社会コースの入試情報

駿河台大学 経済経営学部 経済経営学科 経済と社会コースの関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:古河機械金属、ツムラ、渡辺パイプ、インテック、飯能信用金庫、東京トヨタ自動車、パナソニックリフォーム、東洋証券、青山商事、日本ハウズイング、埼玉日産自動車、共立メンテナンス

駿河台大学 経済経営学部 経済経営学科 経済と社会コースの問合せ先

駿河台大学 経済経営学部 経済経営学科 経済と社会コースに関する
お問い合わせはこちらへ

〒357-8555 埼玉県飯能市阿須698
TEL042-972-1124

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。