尚絅大学

  • 30人が検討中

文化コミュニケーション学科

熊本

文化を創造し、国際感覚とコミュニケーション力を備えた人材を育成します。

募集人数 75
初年度納入金 111 万円(入学金22万円、授業料67万円、施設設備資金22万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

尚絅大学 現代文化学部 文化コミュニケーション学科の特長

社会と文化について基礎から広く学びます

さらなる情報化とグローバル化が進む日本において必要となる様々な「文化」に関する分析力を養成します。1年次から2年次前期までに日本語運用能力、外国語運用能力を高め、社会と文化について広く学び、2年次後期から4つの専門領域から主たる専門領域と副次的専門領域の2つを選択、専門の課程に進みます。

4領域から主な領域を1つ選択し、より専門的に学習

文学及び日本の伝統文化を中心とする「文芸文化領域」、日本及び東アジアの社会・歴史と国際関係を中心とする「日本・東アジア社会文化領域」、観光文化・観光ビジネスを中心とする「観光文化領域」、情報デザインやアニメーション・マンガなどの現代的サブカルチャーを中心とする「情報メディア文化領域」から構成。

より深く学ぶことができる履修モデル

「情報メディア文化」「観光文化」「日本・東アジア社会文化」「文芸文化」から2つを選択し、学修を深めていきます。選択はカリキュラムモデルや想定される進路を示すことで、学びと将来像を結びつけるよう工夫されており、また社会人として必要なスキルを企業や地方自治体の現場で学ぶ科目を設け、実践的に学びます。

2020年度に「九品寺キャンパス」の新校舎に移転

武蔵ヶ丘キャンパスから、2020年度に九品寺キャンパスへ移転。熊本市の中心部に広がり、尚絅学園の発祥となった尚絅高校と尚絅中学校もある敷地内に、新校舎が完成し、さらに教育環境が充実しました。12万冊の蔵書がある図書館や、リーズナブルでメニュー豊富な学食・学生ホールなどがあり、楽しい学生生活が送れます。

多様な表現文化を広い視野から調査・分析する能力を修得し、現代の課題を解決しうる人材を育成

高度なコミュニケーション能力を基礎に、社会と多様な表現文化に対する調査・分析能力を修得して、情報化とグローバル化が進む日本社会において現代の課題を発見し、ビジネスや行政の場において協働して解決しうる人材の育成を目指します。

尚絅大学 現代文化学部 文化コミュニケーション学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:熊本銀行、JTB、日本郵便、パナソニック

尚絅大学 現代文化学部 文化コミュニケーション学科の問合せ先

尚絅大学 現代文化学部 文化コミュニケーション学科お問い合わせはこちらへ

〒862-8678 熊本県熊本市中央区九品寺2-6-78 九品寺キャンパス内「入試センター」
096-273-6300
nyushi@shokei-gakuen.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。