昭和女子大学

  • 711人が検討中

国際学部

東京

留学で世界を体験グローバル時代を担う人に

募集人数:299

学科・コース名 募集人数
国際学科 100
英語コミュニケーション学科 199

昭和女子大学 国際学部の特長

国際学科

<原則留学必修のカリキュラム> 国際共通語である英語に習熟しながら、もう1言語(中国語、韓国語、ベトナム語、ドイツ語、フランス語、スペイン語)を基礎から学び、実践的に運用できるレベルまで鍛えます。アジア言語、スペイン語を選択した学生は中国、韓国、ベトナム、スペインの大学に、ドイツ語、フランス語を選択した学生は昭和ボストンに留学後、独仏で学ぶこともできます。3年次後期から各地で留学をしてきた学生が世田谷キャンパスで一堂に会し、それまでの学びを共有しながら共に問題意識を研ぎ澄まします。日本研究、国際社会研究、地域研究の講義群から領域横断的に学修し、自文化と異文化を比較しながら国際社会で求められる柔軟な発想力を身につけます。

英語コミュニケーション学科

<原則留学必修のカリキュラム> 昭和ボストンを中心に学ぶ約5か月の原則必修プログラム「University」、約10か月の原則希望制プログラム「FSP」、「昭和ボストン+認定留学」を目指す希望者選抜制プログラム「BLIP」があります。入学から留学までは、スキルクラスで英語力を高めるとともに、基礎ゼミで基礎を固めます。留学中は英語漬けの生活と異文化体験、3年次からは、「文化・言語」「国際コミュニケーション」いずれかを主専攻として選択する新しいカリキュラムが2021年から始まります。

国際学科

<ダブルディグリー・プログラムで2つの大学から学位を取得> 上海交通大学、淑明女子大学校、ソウル女子大学校、テンプル大学ジャパンキャンパスのいずれかで2年、昭和女子大学で3年学び、2つの大学で学位を取得可能。語学検定をクリアし、現地の学生や世界中からの留学生と肩を並べて正規の講義・演習科目を受講します。

英語コミュニケーション学科

昭和ボストンで学んだ後に、多数の学生が世界各地で認定留学に参加しています。認定留学に必要な学力の養成と資格試験のスコア到達を目標に、各種サポート制度が入学直後から整っています。2019年度は検定対策セミナーや説明会を18回開催しました。

スーパーグローバルキャンパス誕生

2019年9月からテンプル大学(米国ペンシルベニア州立大学)日本校であるテンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)とキャンパスを共有。昭和ボストンや海外協定校への留学後もグローバルな環境で学習可能。ダブルディグリー・プログラムもスタートしました。

取得できる資格(※国家資格)

●全学科共通:司書※、学芸員※など
●英語コミュニケーション学科:高等学校教諭一種免許状【英語】※、中学校教諭一種免許状【英語】※、司書教諭※など

昭和女子大学 国際学部の問合せ先

昭和女子大学 国際学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
03-3411-5154 

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。