新潟薬科大学

  • 59人が検討中

応用生命科学部

新潟

食品・バイオ・環境分野で社会貢献を目指す専門職と「理科の楽しさ」を生徒に伝える理科教員を育成 

募集人数:180

新潟薬科大学 応用生命科学部の特長

応用生命科学科(理系)

1年次~2年次までに生命科学の基礎となる「生物学」「化学」を中心とした授業科目を講義や演習、実験を行いながら学んでいきます。途中でつまずくことがないよう、1年次は学生の適性に合わせて基礎クラスを開講し、苦手科目を丁寧にサポート。2年次後期からは、食品科学、バイオ工学、環境科学、理科教職の4コースから専門分野を選択します。 ●食品科学コース:食品に関する科学的な知識や技術を身につけ、食品会社で商品開発や品質管理などに携わる人材を育成します。 ●バイオ工学コース:生命科学を医療品や植物育種等バイオテクノロジーに応用する知識・技術を身につけます。 ●環境科学コース:環境を測定・評価し、再生と保全を行う技術や廃棄物のリサイクルをはじめとする環境に負担をかけない生産技術について学びます。 ●理科教職コース:教員となるために必要な資質・能力を養います。理科の「おもしろさ」「楽しさ」を自らが実感し、いきいきと伝えることができる理科教員を育成します。

生命産業創造学科(文系)

経済学・経営学を中心に、会社経営やビジネスの基礎を学びます。農産品、加工食品産業の製造技術や品質管理、再生可能エネルギーおよび水インフラ産業の仕組みなどの理系の基礎知識も学ぶことで、食品の生産・開発・販売やインフラ産業のしくみを理解し、食品産業、インフラ産業で活躍できる人材を育成します。授業では、食品・環境ビジネスに関する経済学、経営管理、マーケティングや6次産業化、食品開発などの講義や理系の感覚を備えるために生物学、化学実験を行います。さらに、食品企業へのインターンシップや商店街や企業におけるフィールドワーク(実地研修)による実践的な活動を行います。

新津駅東キャンパス

1階のAPPホールは、街と大学の交流スペース。グループディスカッションやプレゼンテーションにも利用することができます。

新潟薬科大学 応用生命科学部の入試情報

新潟薬科大学 応用生命科学部の問合せ先

新潟薬科大学 応用生命科学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒956-8603 新潟県新潟市秋葉区東島265-1
0120-2189-50 入試課
〒956-0864 新潟市秋葉区新津本町1ー2ー37
0120-2189-50 入試課

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。