神戸女学院大学

  • 179人が検討中

環境・バイオサイエンス学科

兵庫

人間と環境の理想的なかかわり方と、生命や健康、食品について、実験やフィールドワークを通じて学びます。

募集人数 80
初年度納入金 150.7 万円(入学金20万円、授業料97万8000円、教育充実費32万9000円 詳しくは募集要項参照)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

神戸女学院大学 人間科学部 環境・バイオサイエンス学科の特長

環境・健康など現代社会が抱える問題を考察。豊富な実験・実習を通して科学的かつ実証的に探究

カリキュラムは、バイオサイエンス領域、科学教育・情報科学領域、環境・生態領域の3つ。環境汚染や生態系の保全、食の安全性や生活習慣病など、現代社会が抱える諸問題について、実験やフィールドワークから科学的かつ実証的に探究。また得られた科学的成果を次世代の人々に有効に伝える術を科学教育の視点で学びます。

1年次から始まる実験・実習

実験機器の操作やフィールドワークを実際に体験しながら、それぞれの専門分野に必要な技術や知識が習得できます。

理科教員免許状の取得が可能

実験・実習の積み重ねが理科教育への関心を促し、中学校・高等学校教諭一種普通免許状(理科)の取得につながります。

自然豊かなキャンパスが学びの場

都市に残る自然の森、岡田山キャンパスでのフィールドワークで生命や環境を理解します。

理科教育・研究の拠点“メアリー・アンナ・ホルブルック記念館”

2012年に完成した教育・実験棟“メアリー・アンナ・ホルブルック記念館”。ひとつの建物の中に、学生実験室や生物飼育室、機器分析室、講義室がそろい、実験から検証、理論まで一連の流れに沿った効果的な学びを可能にし、環境・バイオサイエンス学科の実験・実習がますます充実しています。

神戸女学院大学 人間科学部 環境・バイオサイエンス学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:サンコー精機、住友電気工業、ダイキン工業、タカラバイオ、大塚商会、カネカ食品、三菱UFJ銀行

神戸女学院大学 人間科学部 環境・バイオサイエンス学科の問合せ先

神戸女学院大学 人間科学部 環境・バイオサイエンス学科お問い合わせはこちらへ

〒662-8505 兵庫県西宮市岡田山4-1
TEL0798-51-8543(入学センター)
e-exam@mail.kobe-c.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。