応用化学科

神奈川

医薬・生物、環境化学、エネルギー化学の3分野から構成。JABEE認定コースを設置

募集人数 60
初年度納入金 163.2 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

神奈川工科大学 工学部 応用化学科の特長

高分子化合物の研究から新しいものづくりに挑戦する「医薬・生物プロジェクト」

副作用の少ない医薬品の候補化合物や、抗がん剤の候補化合物について、その化学構造をデザインし、合成しています。また、がん細胞を用いた抗がん活性物質の検索なども行います。このように医薬品の種となる新たな化合物の合成、医療現場で用いられるポリマーの研究などを中心に、ヒトに役立つ新たな化合物を提案します

化学物質による汚染の発生要因、メカニズムの解明、浄化を研究する「環境化学プロジェクト」

現在、地球規模で広がりつつある環境汚染の現状を踏まえ、化学物質による汚染の実態、発生要因、メカニズムなどの解明、浄化に関して研究と教育を行います。大気、水、土壌を基本とした地球環境に関して化学的・工学的視点に立ち、環境汚染並びに環境保全に対処できる素地を育成します

限りある資源やエネルギーを有効利用へと導く「エネルギー化学プロジェクト」

省エネルギーで廃棄物の少ない化学システムに関する研究と教育を行います。原子・分子のレベルで化学エネルギーを学び、エネルギー変換を通して化学プラントから反応工学まで、また物質とエネルギーの収支について基礎から応用まで広範にコンピュータシミュレーションも用いて学びます

JABEEの基準に沿った教育の実践を目指す「総合化学エンジニアコース」

日本技術者教育認定機構(JABEE)の基準に沿った教育プログラムを行う「総合化学エンジニアコース」。このコースの修了生は、技術者として必要な教育を修了していることが国際的に認められ、国家資格である技術士の第1次試験が免除されて修習技術者の資格が与えられます

充実した教員サポート。個人指導だから、安心して学生生活を送れます

応用化学科では、1年次から学生約10人に対し1人の教員がクラス担当をつとめ、授業や学習についてはもちろん、大学生活全般について相談に応じています。また「何でも相談室」と「学習支援室」を毎日夕方から開設し、教員がいつも待機することで講義の疑問点などもすぐに聞くことができるバックアップ体制を整えています

神奈川工科大学 工学部 応用化学科の入試情報

神奈川工科大学 工学部 応用化学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:ANAエアポートサービス、オーテック、カンドー、共和コンクリート工業、住友電装、太平電業、ティラド、東洋合成工業、三菱化工機、有機合成薬品工業

神奈川工科大学 工学部 応用化学科の問合せ先

神奈川工科大学 工学部 応用化学科お問い合わせはこちらへ

〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030
TEL 046-291-3002(企画入学課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。