応用バイオ科学科

神奈川

バイオテクノロジーを学び、国際的に活躍できる生命科学を担う人材やバイオ技術者を養成する

募集人数 125
初年度納入金 163.2 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

神奈川工科大学 応用バイオ科学部 応用バイオ科学科の特長

2020年度から2コースを設置。国際性豊かに活躍できる技術者を育成

2020年度から応用バイオ科学部は「応用バイオコース」「生命科学コース」の2コースを設置。生命科学を生活に役立てるための基本的な知識を持ち、さらに最新の生命科学技術を学ぶことにより、地域社会や地球社会に貢献でき、国際性豊かに活躍できるバイオ技術者、バイオ支援技術者を養成します

「応用バイオコース」:健康・医療分野

医学や生理学の基礎理論をあわせて学ぶことで、酵素や免疫反応を利用した臨床検査薬および臨床診断方法の開発に対応できる能力を身につけるほか、自然界から探索した生理活性物質や、天然物有機化学から得た生理活性物質の解析や応用に対応できる能力を身につけます

「応用バイオコース」:食品・食糧分野

食品衛生関連の資格である「食品衛生管理者」と「食品衛生監視員」の資格取得ができるカリキュラム「フードサイエンスコース」では、食品衛生法に定める単位を修得することができます。所定の科目を修了することで、これらの資格の取得が可能です

「応用バイオコース」:環境・エネルギー分野

有用な物質を生産するクリーンなバイオプロセスの開発や、環境に優しいバイオエネルギーの生産に、微生物や酵素を応用するための基礎理論と技術を学びます。微生物や水生生物などを用いた環境アセスメントや環境浄化を行う能力も身につけることができます

「生命科学コース」:多様性と普遍性を持つ生命現象の解明に取り組む

高校の理数分野からの接続を考えたプログラムで生命科学に関する基礎知識を学び、分子・細胞・組織のさまざまな階層で生命を捉える視点を身につけます。3年次からは、生命化学・生物科学領域のより専門的な内容を学習。興味に合わせて、2領域を自由に学び、生命科学分野における未知なる課題の発見・解決能力を養います

最先端の研究機器が揃う「バイオサイエンスセンター」「バイオメディカル研究センター」

バイオサイエンスセンターでは、高度な分析機器を完備しているほか、遺伝子実験室、微生物実験室、動物細胞培養室などを設置。バイオメディカル研究センターは、最先端の高度な研究機器を備え、医薬品開発や医療技術開発の基盤研究に取り組める施設です。これらの施設でバイオ関連の技術を体験的に身につけられます

神奈川工科大学 応用バイオ科学部 応用バイオ科学科の入試情報

神奈川工科大学 応用バイオ科学部 応用バイオ科学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:秋本食品、アツギ、越後製菓、カネ美食品、紀文食品、江東微生物研究所、スリーボンド、高梨乳業、第一屋製パン、ディーエイチシー、中村屋、日東ベスト、日本電子、水ing、横浜冷凍、わかもと製薬

神奈川工科大学 応用バイオ科学部 応用バイオ科学科の問合せ先

神奈川工科大学 応用バイオ科学部 応用バイオ科学科お問い合わせはこちらへ

〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030
TEL 046-291-3002(企画入学課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。