建築学科

神奈川

人間と空間、環境に理想的な未来を描く、最前線の建築を学ぶ

募集人数 140
初年度納入金 152.33 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

神奈川大学 工学部 建築学科の特長

興味に合わせた3コースで専門的な知識を深め、幅広く建築を学ぶ

「建築環境」「建築構造」「建築デザイン」の3コース制で、人間と空間、環境の理想的な関係を創造する建築を学ぶ。意匠設計、構造設計、設備設計、施工、監理など多様な分野で活躍する専門家を養成。効率的に得意科目を伸ばしながら、他コースの科目も履修できるカリキュラムで、幅広い建築の知識を修得することができる

JABEE認定のカリキュラムで実力を磨く

本学科のカリキュラムは、JABEE(日本技術者教育認定機構)に認定されている。1年次より「建築のデザイン」「設計製図I」など専門必修科目に取り組み、数々の演習、実験で専門性を高め4年次に卒業研究を完成させる

建設業界、建築設計事務所などの専門サービス業で能力を発揮

総合建設業や建築設備業などの建設業界、建築設計事務所やビルメンテナンス業などの専門サービス業へ進む卒業生が多い。国家公務員や地方公務員として活躍する先輩も。建築の研究を究めるべく、大学院への進学も増加している

将来の目標に合わせた資格が学内で取得可能

学生の意志や希望に応じて、さまざまな資格を学内で取得することができる。数学・工業(高等学校一種)、数学(中学校一種)の教員免許状、さらに建築士(一・二級)、建築設備士、木造建築士などの取得もめざせる。資格取得を志す学生のために各種課程・講座を設置して、全面的にバックアップしている

設備、環境、スタッフの充実

建築学科には、十分なスペースの製図室や充実したCG・CAD環境が整備されている。また、大型構造実験装置や温熱・給排水実験室、無響室等を有する国内でも有数の実験棟がある。各設備はそれに精通したスタッフにより管理、運用されており、最先端の産学共同研究をはじめ、学生の演習や卒業研究等に日々利用されている

神奈川大学 工学部 建築学科の入試情報

神奈川大学 工学部 建築学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:大林組、奥村組、木内建設、熊谷組、鉄建建設、東急建設、西松建設、ピーエス三菱、フジタ、松井建設、大京穴吹建設、大東建託、東建コーポレーション、長谷工コーポレーション、平成建設、新日本空調、新菱冷熱工業、ダイキンエアテクノ、東洋熱工業、パナソニックリフォーム、一条工務店、住友林業ホームテック、大和ハウス工業、神奈川県住宅供給公社、東急コミュニティー、日本ハウズイング、三菱地所コミュニティ、森ビル、横浜市役所、川崎市役所、茅ヶ崎市役所、伊勢原市役所、特別区人事委員会

神奈川大学 工学部 建築学科の問合せ先

神奈川大学 工学部 建築学科お問い合わせはこちらへ

〒221-8624 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-26-1
入試センター TEL:045-481-5857

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。