神奈川大学

  • 2,328人が検討中

スポーツ健康コース

神奈川

スポーツ科学と健康科学の視点から、健康増進、健康維持管理について総合的に学ぶ

初年度納入金 117.63 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

神奈川大学 人間科学部 人間科学科 スポーツ健康コース の特長

「人間」のなかでも「からだ」に焦点を当て、健康とスポーツについて考える

「スポーツ健康コース」では、スポーツ科学と健康科学の視点から、「からだ」の健康増進および、身体の生涯発達をふまえた健康維持管理について、総合的に学ぶ。アスリートの育成や、スポーツの指導者・運営者の育成とともに、スポーツを通して優れた行動力と精神力を身につけることをめざしていく

人間科学科の他コース「心理発達コース」「人間社会コース」とも深く関われる

初年次に、「人間科学概論」「人間科学基礎ゼミナール」などの基礎科目を学びながらコース志望を明確にすることで、専門的学修をスムーズに始められる。2年次より選択したコース別に学ぶこととなる。また、将来を見据えた国内外での「スポーツインターンシップ」の実施のほか、コース間の連携もとられている

実践と座学を組み合わせ、スポーツの社会・地域における役割を実感

目的を持った人を導く方法論であるコーチング。「コーチング論」では、スポーツのみならずビジネス界で人材育成のスキルとして注目されるコーチングを体系的に学ぶ

本コースの教員が専門とする、「からだ」に関しての数々の研究テーマ

「運動やスポーツの仕組みの基礎」 、「体育教材研究の基礎を知る」、「スポーツ振興及びスポーツ産業の理解」、「人体生理学」、「睡眠と健康科学」 、「運動生化学」など、数々のテーマを専門の教員とともに研究できる

「プロのアスリート・指導者として、からだを動かす理論を学ぶ」

「将来はプロサッカー選手、そしてやがては指導者に。これが私の目標です。学びたいテーマは『人間はどのようにからだを使うか』。スポーツ生理学の分野では、『人間は何秒間本気で走れるか』や『速筋遅筋とプロの競技者との関連』など興味深い内容の勉強をしてきました」

社会と人間のからだを関連づけ、深く、多角的に理解する人材が求められている

国内外でのスポーツインターンシップなどを通じ、「実践力」を養成。アスリート、スポーツ関連のメディアや用品メーカー、スポーツクラブやスポーツチームのコーチやトレーナー・運営者としての活躍が期待できる。保健体育や公民などの教員もめざせる

神奈川大学 人間科学部 人間科学科 スポーツ健康コースの入試情報

神奈川大学 人間科学部 人間科学科 スポーツ健康コースの関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:ANAエアポートサービス、伊藤ハム、カネボウ化粧品、富士通、日本郵政、日立ソリューションズ東日本、内閣府、神奈川県庁、神奈川県教育委員会、佐賀県庁

神奈川大学 人間科学部 人間科学科 スポーツ健康コースの問合せ先

神奈川大学 人間科学部 人間科学科 スポーツ健康コースに関する
お問い合わせはこちらへ

〒221-8624 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-26-1
入試センター TEL:045-481-5857

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。